1回の調理で2品作れる! ホットプレートひとつで調理する「中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し」 画像(1/2) 「中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し」

毎日何品もおかずを準備するのは大仕事。コンロをフル活用しながらご飯を作っていると、「もっと簡単に料理できたらいいのに…」と本音を漏らしたくなることもありますよね。そこで今回は、1回の調理で2品作れる「中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し」をご紹介。ホットプレートひとつで調理するので、洗い物の手間も省けますよ。

深めのホットプレートで5~6人分まとめて作るので、おもてなしに用意するのもおすすめ。みんなでワイワイしながらテーブルを囲んで食べれば、おいしさも格段にアップします。


中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し

【材料・5~6人分、高さ約5cmの円形ホットプレートを使用】

中華炊き込みご飯(焼き豚[市販品] 100g、干しえび 大さじ2、にんじん 1/2本、れんこん 3cm[約60g]、ザーサイ[瓶詰] 50g、しめじ 1パック、米 3合、酒、ごま油、しょうゆ、砂糖)、ふわふわ豆乳蒸し([6個分]卵 2個、無調整豆乳 3/4カップ、ミニトマト、ゆでた枝豆 各適宜、とりガラスープの素 小さじ1/2、合わせ調味料[酒、みりん 各大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1/2、塩 小さじ1/4])

【作り方】

1. ふわふわ豆乳蒸しを作る。スープの素は湯3/4カップに入れて溶かし、さましておく。

2. ボウルに卵を溶きほぐし、豆乳、1、合わせ調味料を入れ、泡立てないように静かに混ぜ、ざるでこして、約4cm高さ・直径約8cmの小器に6等分して入れる。

3. 中華炊き込みご飯を作る。米は洗ってざるにあけ、約30分おく。干しえびはさっと洗って器に入れ、酒大さじ1をふりかけて約20分おく。にんじん、れんこん、焼き豚は1cm角に、ザーサイは粗みじんに切り、しめじはバラバラにほぐす。

4. ホットプレートを230℃に予熱し、ごま油大さじ1、汁けをきって取り出した干しえびを入れて炒め、香りが立ったら焼き豚、にんじん、れんこんを加えて炒める。全体に油がまわったら、しめじも加えて炒める。

1回の調理で2品作れる! ホットプレートひとつで調理する「中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し」 画像(3/2) 「中華炊き込みご飯&ふわふわ豆乳蒸し」

5. 酒大さじ2、しょうゆ大さじ1と1/2、砂糖小さじ1、干しえびのもどし汁を混ぜ、ザーサイ、米、水540mlも加えてひと混ぜし、ふたをして約2分沸騰させる。

6. ご飯にスプーンでくぼみを、等間隔で6カ所つけ、そこに2の豆乳蒸しの小器を入れてふたをし、ご飯と一緒に約10分加熱する。温度を160℃に下げ、約10分加熱する。

7. ふたをあけ、豆乳蒸しの器を取り出す。ひと混ぜして再びふたをし、約5分蒸らす。豆乳蒸しには四つ割りにしたミニトマトと枝豆を飾る。

(中華炊き込みご飯:1人分334Kcal、塩分2.3g)

(ふわふわ豆乳蒸し:1人分47Kcal、塩分0.5g)


ザーサイの塩けがきいた「中華炊き込みご飯」と、やさしい味わいの「ふわふわ豆乳蒸し」が相性抜群。ふわふわ豆乳蒸しに枝豆とトマトをのせれば、彩りもグッとよくなります。ホットプレートのふたを開けて、家族や友人をあっと驚かせてみては?