明日は梅の日! 梅干しパワーで疲労回復「梅だれとろ豚丼」 画像(1/2) シャキシャキ長いもが歯ざわりよし

日本記念日協会によりますと、明日6月6日は「梅の日」。室町時代、干ばつで苦しんでいた人々のために、時の天皇が京都・加茂神社に梅を奉納して祈ったのが6月6日だったことから、この日が梅の日に制定されたそう。ということで、梅干しを使った「梅だれとろ豚丼」を食卓にいかが? ジメジメとした天気のせいか、なんとなく疲れが取れない……という人も多いこの時期。梅干しの食欲増進、疲労回復効果で元気な体を取り戻しましょう!

梅だれとろ豚丼

【材料】(2人分)

豚ロース薄切り肉 200g、下味(酒 大さじ1、しょうが汁 大さじ1/2、塩 小さじ1/4、片栗粉 小さじ1)、長いも 5cm、青じその粗みじん切り 5枚分、温かいご飯 茶碗2杯分、梅だれ(梅干し 大1個、白すりごま 大さじ1、しょうゆ 大さじ1/2、みりん、練りわさび 各小さじ1)

【下ごしらえ】

1.バットに下味の材料を入れて混ぜ合わせ、豚肉を入れてまんべんなくまぶす。

明日は梅の日! 梅干しパワーで疲労回復「梅だれとろ豚丼」 画像(3/2)  豚肉に片栗粉を加えた下味をまぶして加熱することで、やわらかく仕上がる

2.1の豚肉を耐熱皿にできるだけ重ならないように並べ、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約3分30秒加熱する。熱いうちに1枚ずつはがして取り出し、さます。

【作り方】

1.蒸し豚は細切りにする。長いもはポリ袋に入れてめん棒などでたたき、一口大に割る。

2.梅干しは種を除いて細かくたたき、残りの梅だれの材料も加えて混ぜ、1を加えてあえる。

3.茶碗にご飯を盛り、2をのせてしそを散らす。

(1人分569kcal、塩分2.3g)