食卓&お弁当のすき間はおまかせ! 夏においしい作り置き「ミニトマトのピクルス」

#食 
ピクルスに使うミニトマトは、熟したものよりも少しかためのほうがおすすめ


こんなことはありませんか? 食卓におかずを並べてみたら、「色合いが地味?」。お弁当におかずを詰めたら、「なんかスカスカ?」……。そんなピンチを助けてくれるのが、彩りも美しい「ミニトマトのピクルス」です。酸味と甘みがきいた味付けは、夏の食卓&お弁当のアクセントとして大活躍。プチっと弾ける食感も楽しく、デザート代わりにもうれしい一品です。おいしく仕上げる秘訣は、皮をむくこと。ちょっぴり手間はかかりますが、味がしっかりとしみこみ、おいしさがグンとアップします。

ミニトマトのピクルス


【材料】(作りやすい分量)

ミニトマト(ここでは赤、黄の2色) 15~20個、ピクルス液(酢 1/2カップ、はちみつ 大さじ1と1/2~2、塩 小さじ1/2、水 1/4カップ)

【作り方】

1.トマトは1カ所浅く切り目を入れる。

2.鍋に湯を沸かし、1を5~6個入れる。約5秒たって皮が少しめくれたら網じゃくしなどで引き上げ、冷水にとる。残りも同様にし、皮をむく。

3.ボウルにピクルス液の材料を混ぜ合わせ、2を加えてあえる。※すぐに食べてもよいが、冷蔵庫で冷やして味をなじませるとさらにおいしい。密閉容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間保存可能。

(全量で183kcal、塩分3.0g)

「ミニトマトのピクルス」はアレンジ力も◎。たこやきゅうりとあえてマリネに、めんつゆに加えてそうめんだれに……と、夏においしいさっぱり味の一品が、簡単に完成します。

【関連レシピ】彩りよく、夏の前菜にぴったりな一品も「ミニトマトのピクルス」があれば簡単!


ピクルス液を入れて、さっぱり味のそうめんだれに


この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ミニトマトのピクルス

ほかにもいっぱい!ピクルスのレシピをチェック!
こちらもどうぞ。ミニトマトを使ったレシピ



おすすめ読みもの(PR)