ポリ袋に入れるだけ! 加熱不要の「夏野菜のラタトゥイユ」

#食 
食欲のない日も、トマトの酸味でさっぱり食べられる


ラタトゥイユといえばいろいろな野菜を鍋で煮込んだ料理ですが、こちらのラタトゥイユは加熱いらず。材料をポリ袋に入れたら、フリフリ振るだけでいいんです。30分冷蔵庫で冷やしたら、ひんやりおいしい「夏野菜のラタトゥイユ風漬け」の完成。肌寒い日には、加熱してパスタや卵料理のソースにして食べても◎。冷蔵庫で1週間保存可能なので、いろいろなアレンジを楽しんで!

夏野菜のラタトゥイユ風漬け


【材料】(4~6人分)

赤パプリカ 1個、なす 1個、ズッキーニ 1本、玉ねぎ 1/4個、トマト 1個、塩 大さじ1/2、砂糖 小さじ1/2、こしょう 少々、好みのドライハーブ(タイム、パセリなど) 小さじ1、オリーブ油 大さじ2

【作り方】

1.赤パプリカは縦半分に切り2cm四方に、なす、ズッキーニ、玉ねぎ、トマトは2cm角に切り、ポリ袋に入れる。塩、砂糖、こしょう、ドライハーブ、オリーブ油を加える。

すべての材料を、ポリ袋に入れて振るだけ!


2.ポリ袋の口を片手で絞り、もう一方の手でポリ袋を揺すって全体が均一になるまで混ぜ合わせる。

3.台の上に置き、袋の口を少しゆるめて、手で強く押して空気をしっかりと抜く。ポリ袋の口を数回ねじって結ぶ。冷蔵庫で30分以上おく。

(全量で363kcal、塩分8.9g)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
夏野菜のラタトゥイユ風漬け

ほかにもいっぱい!「ラタトゥイユのレシピ」をチェック!


おすすめ読みもの(PR)