これからの季節はこれ! ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選 画像(1/5) 「かぼちゃの冷製ポタージュ」

もうすぐ夏を迎えて、口当たりがやさしい冷製メニューが恋しくなるころ。冷たいメインデッシュもいいですが、サブメニューのスープを冷やして食べるのもおすすめです。今回は、ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選をご紹介。パパッと作れちゃうお手軽メニューが揃っているので、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

かぼちゃの冷製ポタージュ

【材料・2人分】

牛乳 3/4カップ、豆乳 1/2カップ、かぼちゃ 200g、パセリのみじん切り 適量、塩、しょうゆ

【作り方】

1. かぼちゃはラップで包み、電子レンジで約2分加熱し、上下を返してさらに約1分加熱する。粗熱がとれたらラップをはずし、スプーンで身をかき取って皮を除き、粗く潰す。

2. ボウルに入れ、牛乳と豆乳を合わせて少しずつ加え、混ぜ合わせる。塩小さじ1/4、しょうゆ小さじ1/2を加えて混ぜる。器に注ぎ、パセリをふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分168Kcal、塩分0.8g)

あっという間に完成する「すぐでき」料理です。火が通りにくいかぼちゃは、ラップに包んでから電子レンジでしっかりと加熱。粗熱がとれたら身がやわらかくなっているので、スプーンを使えば簡単に皮がとれます。

水キムチの冷製スープ

やさしい味わいを堪能できる韓国風のスープ。味の決め手になるみそは、最初に溶いておくのがポイントです。

これからの季節はこれ! ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選 画像(3/5) 【写真を見る】体を癒してくれる「水キムチの冷製スープ」

緑の冷製和スープ

昆布のうまみがたっぷりしみ出した「昆布水」を活用しましょう。さらに香味野菜を加えて風味豊かに仕上げて。

これからの季節はこれ! ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選 画像(6/5) 「緑の冷製和スープ」

おろしトマトの冷製スープ

スペインやポルトガルの料理「ガスパッチョ」風に仕立てた1品。おろしにんにくのこうばしい香りが食欲をそそります。

これからの季節はこれ! ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選 画像(10/5) 「おろしトマトの冷製スープ」

トマトの和風冷製スープ

トマトとめんつゆのうまみがクセになる味わいです。鍋を使わずに調理できるので、洗い物が少なくてラクチン。

これからの季節はこれ! ひんやりでもおいしい野菜の冷製スープ5選 画像(15/5) 「トマトの和風冷製スープ」

冷製スープはサラッと飲めて、バタバタしがちな朝にぴったりのメニュー。また手軽に野菜の栄養も摂取できるので、夏バテで食欲がなくなった時に活用してみてはいかが?