大豆の栄養を存分に! 節約食材・豆腐と納豆が合わさった「麻婆納豆豆腐」 画像(1/2) 「麻婆納豆豆腐」

豆腐に豚ひき肉のうまみをたっぷり吸わせた麻婆豆腐は、中華料理の中でも人気のメニュー。フライパン1つで比較的簡単に作れることから、料理初心者にもおすすめです。普段は麻婆豆腐の素やレトルトを使っている人も、一から自分で作ってみれば風味のよさにきっと驚くはず。

今回は、中華の調味料・豆鼓(トウチ)の代わりに納豆を使った「麻婆納豆豆腐」を紹介しましょう。コクと香りが加わり、いつもとはひと味違うおいしさを堪能できます。白いご飯と組み合わせても、そのまま食べておつまみにしても◎。“麻婆”好きなら、ぜひ覚えておいてくださいね。

麻婆納豆豆腐

【材料・2人分】

納豆(小粒) 1パック、豚ひき肉 100g、絹ごし豆腐 1丁、長ねぎのみじん切り 1本分、しょうがのみじん切り 1かけ分、にんにくのみじん切り 1片分、豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1/2~1、合わせ調味料(オイスターソース、酒、しょうゆ 各大さじ1、とりガラスープの素 小さじ1/2~1、湯 1/2カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉、水 各小さじ2)、ごま油

【作り方】

1. 納豆はざるに入れてさっと水洗いして、水けをきる。ねぎのみじん切りは青い部分少々を別に取り分ける。豆腐は2~3cm角に切る。

2. フライパンにごま油大さじ1を熱してしょうが、にんにく、ねぎを入れて炒め、香りが立ったら豆板醤を加えてさらに炒める。

3. ひき肉と納豆を加え、肉をポロポロにほぐしながら炒め、肉の色が変わったら合わせ調味料を加えて煮立てる。

大豆の栄養を存分に! 節約食材・豆腐と納豆が合わさった「麻婆納豆豆腐」 画像(3/2) うまみ成分が多く、コクと香りづけに、麻婆豆腐や回鍋肉(ホイコーロー)などに使われる、豆豉の代わりにしても。適度な粘りを生かしたいので、軽く洗って調理するとよい。

4. 豆腐を加えてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。器に盛って、別にとりおいたねぎの青い部分を散らす。

(1人分348Kcal、塩分3.1g)

納豆チャーハンなどでは粘りがとれるまで納豆を洗う場合もありますが、「麻婆納豆豆腐」では軽く洗うだけでOK。独特の粘りけを残したまま調理しましょう。つるんとした食感の豆腐にあんをよくからめ、アツアツのうちに召し上がれ。