ひと手間加えてワンランクアップ! 玉ねぎソースを使った肉料理5選

#食 
「玉ねぎこしょうソースのチキンソテー」


玉ねぎがメインの料理はたくさんありますが、玉ねぎをソースとして使うことは少ないのでは? そこで今回は、ひと手間加えた玉ねぎソースの肉料理5選をご紹介します。玉ねぎの使い方をいつもと少し変えるだけで、料理をさらにおいしくするソースに大変身。使い方がマンネリしてる場合にもおすすめのメニューです。

玉ねぎこしょうソースのチキンソテー


【材料・2人分】

とりもも肉 1枚(250~300g)、玉ねぎこしょうソース(玉ねぎのみじん切り 1/2個分、塩 小さじ1/3、粗びき黒こしょう 少々、オリーブ油 大さじ1と1/2、天日塩[または粗塩] 小さじ1/4、粗びき黒こしょう、サラダ油)

【下ごしらえ】

1. とり肉の黄色っぽい脂を引っ張り、包丁でそぎ取る。皮の下辺りにあるので、少し皮をめくってみて。皮目を下にして、筋も除く。筋を指先でつまんで引っ張り、包丁の刃先で肉をそぎ落としながら引き抜く。半分に切り、皮を下にして、身に天日塩とこしょう少々をふる。筋は指先でつまんで、包丁の刃先で肉をこそげながら引っ張ると、抜けやすくなる。筋を除くと、かたくなりすぎず、口当たりがよくなる。

【作り方】

1. 玉ねぎこしょうソースを作る。玉ねぎはざるに入れて水に約5分さらし、水をよくきってから厚手のペーパータオルに包み、水をよく絞ってボウルに入れる。塩、こしょうを加えてよく混ぜ、オリーブ油も加えて混ぜ合わせる。

2. フライパンに油大さじ1/2を熱し、とり肉の皮目を下にして並べ入れ、約2分焼く。

3. 焼き色がついたら上下を返し、弱火にして約13分焼く。余分な脂が出たら、ペーパータオルでふき取る。

4. 再び上下を返して中火にし、2~3分、とり肉の皮にこんがり焼き色がついて、カリッとするまで焼く。

5. 皿に4を盛って1をかける。好みで粗びき黒こしょうをふったり、クレソンを添えても。

(1人分379Kcal、塩分1.9g)

下ごしらえでは、とり肉の脂と筋を取り除きます。口当たりをよくするために、特に筋はしっかりと除きましょう。玉ねぎソースを作るときは、玉ねぎの水けをよくきってください。カリッと焼けたとり皮に、ソースがとてもマッチします。

チキンソテー玉ねぎレモンソース


とり肉の両面に塩、こしょうをふって味つけを。玉ねぎとレモンのさわやかさで、味にしつこさがありません。

フレッシュな玉ねぎがGOOD♪「チキンソテー玉ねぎレモンソース」


油淋鶏(ユーリンチー)玉ねぎソース


ザクっとしたころもの秘訣は片栗粉の量。酸みたっぷりのソースがしみて、ころもまでおいしくいただけます。

「油淋鶏(ユーリンチー)玉ねぎソース」


ラムチョップの玉ねぎソース


ラムは油をひかずに焼いてください。にんにくとタバスコの辛さで食欲がそそられる一品です。

「ラムチョップの玉ねぎソース」


とり肉の一口ソテー 玉ねぎソース


とり肉がこんがり焼けてから、たれを加えて強火で煮からめてください。小松菜のシャキシャキがいいアクセントに。

「とり肉の一口ソテー 玉ねぎソース」


良質な玉ねぎは、重みがあり乾いた外皮につやがあります。芽が出ていたり、根が伸びているのは質が良くないので、なるべく避けてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //