特売品のとり手羽元で! 簡単「サムゲタン」で体の芯からポッカポカ 画像(1/2) ご飯のとろみで本格味に

丸ごとの鶏を、高麗人参などの漢方とともに煮込んだサムゲタン。体がポカポカ温まる冬こそ食べたい料理ですが、何と家庭でも手軽に作れてしまうのです。丸鶏のかわりに使うのは、スーパーで特売になることも多いとり手羽元。そして高麗人参のかわりに、体を温める効果の高いにんにく、ねぎ、しょうがをプラスします。とろみのあるスープは、さまざまな食材から溶け出たうまみが重なり合い、滋味深い味わい。根菜類によるデトックス効果も期待できますよ。


根菜たっぷりサムゲタン

【材料】(2人分)

とり手羽元 6本、ごぼう 1/2本、大根 1/5本、里いも 2個、にんにく 大1片、長ねぎの青い部分 1本分、しょうがの薄切り(皮つき) 2枚、長ねぎ 1/4本、米 1/4カップ、とりガラスープの素 小さじ2、塩、酒


【作り方】

1.米はさっと洗ってざるにあける。ごぼうは皮をこそげて食べやすい大きさの乱切りにし、さっと水にさらして水をきる。大根は一口大よりやや大きめの乱切りにする。里いもは四つ割りにし、塩少々をもみ込んで流水で洗う。にんにくは包丁の腹でつぶす。手羽元は骨に沿って切り目を1本入れる。

特売品のとり手羽元で! 簡単「サムゲタン」で体の芯からポッカポカ 画像(3/2) 【写真を見る】手羽元は骨に沿って切り目を1本入れると、火の通りが早くなり、肉のうまみもスープに出やすい

2.土鍋に1、ねぎの青い部分、しょうが、水4カップ、酒1/4カップ、塩小さじ1、スープの素を入れて火にかける。ひと煮立ちしたらアクを取り、ふたをして弱火で約30分煮る。

3.ねぎは小口切りにし、さっと水にさらして水けを絞り、2に加える。器に盛り、好みで塩、ごま油をふる。

(1人分270kcal、塩分1.4g)