にんにく&バターで肉にも負けないおいしさ! 男子も喜ぶ「ぶりのガーリックステーキ」 画像(1/2) 肉にも負けない、ガツンとしたおいしさ!

寒くなるにつれて脂がのり、おいしさが増すぶり。ぶりといえば照り焼きがおなじみですが、いつも同じ味では飽きてしまうことも。そこでおすすめしたいのが、「ぶりのガーリックステーキ」です。しょうゆ、酒、みりんといった照り焼きと同じ調味料を使いますが、そこににんにくとバターをプラスするだけで子どもや男子が大好きな洋風の味に変身! ガツンとしたおいしさは、肉にも負けません。旬のぶりは、価格もお手頃。お財布にやさしい、食べごたえのある一品です。


ぶりのガーリックステーキ

【材料】(2人分)

ぶり 2切れ、春菊 1/2わ、にんにくの横薄切り 1片分、もやし 1/2袋(約125g)、合わせ調味料(しょうゆ、酒、みりん 各大さじ1/2)、塩、こしょう、オリーブ油、バター、粗びき黒こしょう


【作り方】

1.ぶりは両面に塩少々をふって約5分おく。ペーパータオルで出てきた水分をふき、こしょう少々をふる。春菊は葉を摘み、茎は斜め薄切りにする。

にんにく&バターで肉にも負けないおいしさ! 男子も喜ぶ「ぶりのガーリックステーキ」 画像(3/2) ぶりは塩をふっておくと表面に余分な水が出て、身がしまる。ペーパータオルで軽く押さえてから焼く

2.フライパンにオリーブ油大さじ1、にんにくを入れて弱火にかけ、うすく色づいたらにんにくは取り出し、ぶりを入れて中火で焼く。こんがりと焼き色がついたら返して端に寄せ、あいたところにもやし、春菊を分けて入れ、それぞれ軽く炒めて塩、こしょう各少々をふる。

3.全体に火が通ったら、バター15gをあいたところに加えて溶かし、合わせ調味料を回し入れてそれぞれにからめる。器に盛り、ぶりに粗びき黒こしょうをふり、2のにんにくを散らす。

(1人分347kcal、塩分1.5g、調理時間15分)