高コスパな豚こま肉が大活躍! 10分で作れるメインのおかず5選

#食 
「カリカリ豚のめんつゆだれ」


年末年始の出費によってお財布の中身が寂しい時は、高コスパな豚こま切れ肉をフル活用しましょう。野菜や豆腐、きのこなどでかさ増しすれば、食べごたえもじゅうぶんです。今回は、豚こま切れ肉で作るメインのおかず5選をご紹介。10分ででき上がるメニューばかりなので、お金と一緒に時間も節約できますよ。

カリカリ豚のめんつゆだれ


【材料・2人分】

豚こま切れ肉 200g、万能ねぎ 5本、水菜 1/3わ、赤パプリカ 1/2個、めんつゆだれ(めんつゆ[3倍濃縮] 大さじ2と1/2、酢 大さじ2)、小麦粉、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. 万能ねぎは5~6cm長さの斜め切りにする。水菜は5~6cm長さに切る。パプリカは縦薄切りにする。ざっと合わせて器に盛る。

2. ポリ袋に小麦粉、片栗粉各大さじ1を入れて混ぜ、豚肉を加えて袋ごとふり、肉に粉をまぶす。ポリ袋に小麦粉と片栗粉、豚肉を入れてふり混ぜると、豚肉に均一に粉がつき、洗いものも減らせる。

3. フライパンに油大さじ3を熱し、2の豚肉をできるだけ重ならないように広げて入れる。フライ返しで押さえながら揚げ焼きにし、カリッとしたら上下を返し、同様に揚げ焼きにする。

4. 油をきって1の野菜にのせ、めんつゆだれの材料を混ぜてかける。

(1人分375Kcal、塩分2.1g、調理時間10分)

豚肉はフライ返しで押さえながら揚げ焼きにすると、カリッとした食感に。水菜やパプリカといったみずみずしい野菜とも相性抜群です。酢で酸みをプラスした「めんつゆだれ」をよくからめて召し上がれ。

野菜たっぷり豚しょうが焼き


2かけ分のおろししょうがを加えて、風味豊かなしょうが焼きに仕上げます。味が薄まらないよう、一緒に盛りつける野菜は水けをしっかりきってくださいね。

甘辛味でご飯がすすむ!「野菜たっぷり豚しょうが焼き」


豆腐のチリソース煮


一口大に切った豚こま切れ肉には、片栗粉をまぶしておきます。水溶き片栗粉を加えなくても、自然なとろみがついて◎

「豆腐のチリソース煮」


あさりとキャベツのワイン蒸し


キャベツとあさりは一緒に蒸し煮にしてスピードアップ。うまみが詰まった蒸し汁も残さずいただきましょう。

「あさりとキャベツのワイン蒸し」


豚肉ときのこのバインセオ風


豚肉ときのこを卵で包むと、ベトナムのオムレツ風に大変身。ふんわり漂うバターじょうゆの香りがたまりません。

「豚肉ときのこのバインセオ風」


豚こま切れ肉を飽きずに使いまわすためには、味つけのバリエーションを増やすことが大切です。香味野菜や調味料を駆使して、マンネリ化しない工夫をしてみるといいかも。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //