あさりの香りが食欲をそそる! おもてなしにもおすすめな酒蒸し5選

#食 
「あさりとかぶのバター酒蒸し」


ヘルシーな蒸し料理の中でも取り組みやすい酒蒸し。手間はかからないのに、アレンジ次第でガラっと雰囲気が変わる奥深さもありますよね。今回は、貝のうまみがたまらない「あさりの酒蒸し」をご紹介。バリエーション豊かで華やかな、簡単おもてなしレシピをマスターしましょう。

あさりとかぶのバター酒蒸し


【材料・2人分】

あさり(砂抜き) 150g、かぶの葉 3個分、かぶ 2個、酒、水 各大さじ1、バター 小さじ2、塩 小さじ1/3、粗びき黒こしょう 少々

【作り方】

1. あさりは殻をこすり合わせてよく洗い、水けをきる。かぶ3個のうち、2個は根元から葉と切り分けて2cm角に切る。1個は茎の根元を1~2cm残して葉を切る。かぶの葉3個分は内側だけを使い、1cm長さに切る。

2. フライパンにあさり、かぶ、酒、水各大さじ1を入れてふたをし、中火にかける。時々揺すり、あさりの口が3~4個あいたら火を止め、そのまま2~3分蒸らす。

3. あさりの口がすべてあいたらバター小さじ2、塩小さじ1/3、かぶの葉を加え、中火で1~2分煮る。器に盛り、粗びき黒こしょう少々をふる。

(1人分65Kcal、塩分1.8g)

かぶの葉の緑が美しいあさりの酒蒸し。一緒に蒸された「かぶ」は歯ごたえが楽しいのはもちろん、あさりのだしを吸って格別の味わいです。バターのコクとまったり感に、アクセントの粗びき黒こしょうがピリリと香ります。

あさりのしょうが酒蒸し


しょうがを2かけ分使ったアレンジレシピです。しっかりと風味が移った“だし”を飲めば、すぐに体がぽかぽかしてくるはず。

程よい辛みがアクセントの「あさりのしょうが酒蒸し」


あさりの酒蒸し


バジルの香りが華やかな1品。隠し味のオイスターソースで、ダブルの魚介のうまみを堪能できます。

「あさりの酒蒸し」


にんにく風味のあさりの酒蒸し


にんにくを一緒に蒸すことで風味にパンチをプラスしました。砂抜きしてあるあさりを使えば5分で完成の時短メニュー。

「にんにく風味のあさりの酒蒸し」


あさりと厚揚げの酒蒸し(2)


厚揚げは縦半分と横4つの大きめサイズに切り、たっぷりだしを吸わせましょう。キャベツも半玉使った食べごたえ満点のレシピです。

「あさりと厚揚げの酒蒸し(2)」


酒蒸しの重要な下ごしらえである砂抜き。あさりをつけておく塩水は、水1カップに対して小さじ1程度の塩分濃度にしましょう。住んでいた環境に近づけて、あさりが楽に呼吸できるようにするのが上手にいくコツです。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //