高コスパの合いびき肉がごちそうに変身! ご飯がどんどん進む「白菜のカレー重ね蒸し」 画像(1/2) 「白菜のカレー重ね蒸し」

白菜と肉をミルフィーユ状にした「重ね蒸し」は食べごたえ抜群。肉は薄切り肉を使うのが一般的ですが、ひき肉だねをはさんでもおいしく作れます。一口食べればジューシーなうまみがほとばしり、白菜の甘みと肉のコクを堪能できるはず。

今回は、「白菜のカレー重ね蒸し」を紹介しましょう。白菜は電子レンジで加熱して、下ごしらえの手間と時間をカット。肉だねにもスープにもカレー粉を加えれば、ご飯がすすむスパイシーな風味をプラスできます。煮込む際は落としぶたをし、全体にまんべんなく煮汁をいきわたらせてくださいね。

白菜のカレー重ね蒸し

【材料・2人分】

白菜 6枚、肉だね(合いびき肉 120g、卵 1個、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、パン粉 大さじ3強、カレー粉 大さじ1、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、ブロッコリー 1/3個、固形スープの素 1個、塩、片栗粉、酒、カレー粉、こしょう

【作り方】

1. 白菜の葉は1枚ずつていねいにはがし、葉と軸を交互に重ねてラップで包む。電子レンジで約5分加熱し、ラップで包んだまま粗熱をとる。白菜は葉と軸が交互になるように重ねてラップで包んで電子レンジで加熱する。こうすると、加熱むらが抑えられ、均等に熱が入る。

2. ブロッコリーは小房に分け、塩を加えた熱湯で色が鮮やかになるまでゆでる。

3. 肉だねの材料をボウルに入れて、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。

4. フライパンに白菜2枚を少し重ねて敷く。フライパンからはみ出るようであれば、中に折りたたむ。片栗粉を茶こしで全体に薄くふり、肉だねを半量のせて、平らにする。再び片栗粉を茶こしで全体に薄くふり、白菜2枚を少し重ねてのせる。同様にもう一度片栗粉をふり、残りの肉だね、片栗粉、白菜2枚の順に重ねる。白菜をたくさん重ねれば、肉だねは少なめでも大丈夫。白菜と肉だねの層ができて、食べごたえのある仕上がりになる。

5. 4に水1と1/2カップを注ぎ、スープの素、酒大さじ1、カレー粉小さじ1、こしょう少々を加える。オーブン用ペーパーで落としぶたをし、フライパンにふたをして火にかける。沸騰したら弱火にし、約30分煮る。

6. 食べやすい大きさに切り分けて煮汁をかけ、ブロッコリーを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分293Kcal、塩分3.1g)

ひき肉だねは手で平らにならし、端から端まで均一な厚みにしましょう。加熱むらができにくくなり、生煮えや煮えすぎを防止できます。切り分けた時に見える白菜とひき肉だねの層も美しく仕上がるので、見た目のよさもアップ◎

高コスパの合いびき肉がごちそうに変身! ご飯がどんどん進む「白菜のカレー重ね蒸し」 画像(3/2) トマトとチーズの組み合わせが絶妙な「イタリア風ひき肉の重ね蒸し」もおすすめ!