いつもの焼きそば麺が大変身! エスニックな味わいがたまらない「ミーゴレン」 画像(1/2) 「ミーゴレン」

和食や洋食ばかりが続くと、ふとした時に恋しくなるのがエスニック料理。ほんのり甘い1品から刺激的な辛さを楽しめるものまであり、幅広い層から熱く支持されています。お店で食べるだけでなく、中には家で作ってみたいと思う人もいるのでは?

今回は、「ミーゴレン」を紹介しましょう。具材は普段作っている焼きそばと大差ありませんが、調味料に一工夫すると一気にエスニック感が高まります。味の決め手になるのは、ナンプラーとレモン。甘辛味に芳醇な香りとさわやかな酸みを添えて、豊かな風味の焼きそばに仕上げてくださいね。

ミーゴレン

【材料・2人分】

とりもも肉 1/2枚(約130g)、溶き卵 2個分、玉ねぎ 1/2個、キャベツ 2枚、きゅうり 5㎝、トマト 1個、にんにくのみじん切り 1片分、赤とうがらし 2本、もやし 1/2袋、レモンのくし形切り 2切れ、焼きそば用麺 2玉、合わせ調味料(ナンプラー 大さじ1、しょうゆ 大さじ1、砂糖 大さじ1)、塩、粗びき黒こしょう、サラダ油、酒

【作り方】

1. 麺は炒める前に、袋の上から手でよくもみほぐしておく。玉ねぎは縦薄切り、キャベツは細切りにする。きゅうりは斜め薄切りにする。トマトは縦半分に切り、1/2個は4等分のくし形切りにする。残りは1cm角に切る。とり肉は2cm角に切り、塩、こしょう各少々をふってもむ。

2. フライパンに油大さじ2を強火で熱して麺を入れ、酒大さじ1をふってほぐしながら炒める。油がまわったらいったん取り出す。

3. 同じフライパンにとり肉を入れて強火で熱し、焼き色がつくまで炒める。にんにく、玉ねぎ、赤とうがらし、キャベツ、もやしを順に加えてそのつどよく炒め合わせる。油がなじんだら2を戻し入れて1の角切りのトマトを加え、合わせ調味料をかけ、炒め合わせる。

4. 合わせ調味料がなじんだら、全体をフライパンの端に寄せ、あいたところに溶き卵を流し入れて菜箸で大きく混ぜる。半熟状になったら、全体を混ぜ合わせる。器に盛り、きゅうり、レモン、1のくし形切りのトマトを添え、こしょう少々をふる。

(1人分630Kcal、塩分3.9g)

とりもも肉やたっぷりの野菜を入れているのでボリュームはじゅうぶん。もしも物足りない場合は、スープやサラダを付けるとよいでしょう。エスニック調味料や薬味を駆使したメニューを用意すると、食卓に統一感が出ますよ。

いつもの焼きそば麺が大変身! エスニックな味わいがたまらない「ミーゴレン」 画像(3/2) タイの気分を味わえる「カオパット風炊き込みご飯」もおすすめ!