さっぱり風味の新感覚スイーツ!? フローズンヨーグルト3選 画像(1/3) 「フローズンヨーグルト」

まろやかな口当たりがやさしいヨーグルト。今回は、冷たい舌ざわりで夏を先取りするフローズンヨーグルト3選をご紹介します。

フローズンヨーグルト

【材料・作りやすい分量・3~4人分】

プレーンヨーグルト 300g、牛乳 1/2カップ、砂糖 50g、粉ゼラチン 5g、ブルーベリー(飾り用) 適宜

【下ごしらえ】

1. 小さめの耐熱容器に水大さじ2を入れ、ゼラチンをふり入れてふやかす。

2. ヨーグルトはボウルに入れて室温で約15分おく。

【作り方】

1. ふやかしたゼラチンは、ラップをかけて電子レンジで約30秒加熱して溶かす。ヨーグルトに砂糖を入れて泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。ゼラチンを少しずつ加えながら混ぜ、牛乳も少しずつ加えながら、よく混ぜ合わせる。保存容器に移してふたをし、冷凍庫で40~50分冷やす。ゼラチンがなめらか食感のコツ。

2. 1が固まってプルンとした状態になり、周囲が凍ってきたらフォークで全体をかき混ぜる。もう一度、冷凍庫で40~50分冷やしてから、同様にフォークでかき混ぜ、冷凍庫で完全に凍るまで冷やす。

3. ステンレスのボウル(冷蔵庫で冷やしておく)に、2を取り出す。ゴムべらでかたまりを粗くほぐしてから、練るように混ぜてなめらかにする。直径約1.5cmの円形の口金をつけた絞り出し袋に入れ、器に絞り出す。飾り用のブルーベリーを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分118Kcal)

基本をおさえたシンプルなメニュー。1度プルンとした状態まで固まったら、フォークで崩して再び冷凍しましょう。形を崩してから冷やすことでシャリシャリした仕上がりになります。真っ白いヨーグルトに、ブルーベリーを添えれば見た目もおしゃれに。

トマトフローズンヨーグルト

うまみが強いホールトマトを使った、華やかな彩りのスイーツです。ピュレ状のトマトとヨーグルトが混ざり、かわいらしいピンク色に。トッピングにバジルを添えれば、食卓がよりにぎやかになりそうですね。青臭さがないため、トマトが苦手な子どもでもおいしく食べられるのもおすすめ。

さっぱり風味の新感覚スイーツ!? フローズンヨーグルト3選 画像(3/3) トマトの酸みがさわやかな「トマトフローズンヨーグルト」

かぼちゃフローズンヨーグルト

加熱したかぼちゃを牛乳と合わせ、ぽってりとするまで煮詰めます。シナモンパウダーを入れて素材の甘みを際立てるのが味の決め手。お好みでフライパンでいったアーモンドダイスを散らして食べてもOKです。

さっぱり風味の新感覚スイーツ!? フローズンヨーグルト3選 画像(6/3) 「かぼちゃフローズンヨーグルト」

いつものヨーグルトにひと手間加えれば、ひんやりとおいしいデザートに大変身。暑い季節にぴったりな手作りスイーツをぜひお試しあれ。