疲労回復に効果あり! 45kcal以下で味わうあさりのスープ 画像(1/5) 「レタスとあさりの和風スープ」

疲労回復にも効果のあるあさりは、今の時期がまさに食べごろ。今回は、疲れた体に染み渡るあさりのスープをご紹介します。

レタスとあさりの和風スープ

【材料・2人分】

レタス 3枚、あさり(砂抜き) 250g、万能ねぎの小口切り 適宜、昆布(7×7cm) 1枚、酒、塩、しょうゆ

【作り方】

1. レタスは冷水につけてシャキッとさせ、水けを拭き取って細切りにする。生で食べる場合も、加熱調理する場合も、使うときは冷水につけてシャキッとさせるのが基本。芯をくりぬいてそこから冷水を注ぎ、全体を冷水または氷水につけて充分に水分を吸わせる。仕上がりが水っぽくならないように、しっかりと水けを拭き取ってから使う。

2. 鍋にあさり、昆布、水2と1/2カップを入れて弱火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。沸騰したらアクを除いて酒小さじ2を加え、ふたをして中火にする。

3. あさりの口があいたら塩、しょうゆ各少々で調味し、1を加えてすぐに火を止める。器に盛り、万能ねぎを散らす。

(1人分31kcal、塩分2.0g、調理時間10分)

昆布とあさりのだしを使うことで、2つのうまみを同時に楽しめます。レタスは冷水につけてからスープに加えると、加熱してもシャキッとした食感に。仕上がりが水っぽくならないよう、レタスは水分を拭きとったあとにカットするのがポイントです。

もやしとあさりのスープ

にんにくとしょうがの薄切りを入れて、こうばしい香りを効かせたスープ。もやしは酢や砂糖などで下味をつけておけば、食べたときに酸みが引き立ちます。あさりは砂がついている場合が多いため、しっかり洗ってから調理してください。

疲労回復に効果あり! 45kcal以下で味わうあさりのスープ 画像(3/5) しょうがパワーで体を温める!「もやしとあさりのスープ」

白菜とあさりのスープ

1cmの角切りに揃えた白菜とあさりが浮かんだ、見た目も美しい1品です。白菜をやわらかくなるまで煮たところに、あさりを加えて口が開くまで火を通しましょう。器に盛りつけたら黒こしょうをふりかけて、ピリッとする辛さをプラスします。

疲労回復に効果あり! 45kcal以下で味わうあさりのスープ 画像(6/5) 「白菜とあさりのスープ」

もずくとあさりのにんにくスープ

にんにくと水が入った鍋にふたをして、にんにくの香りをスープに閉じこめます。ひと口大に切ったレタスともずくを加えれば、具材のボリューム感もアップ。最後に入れるしょうゆのコクが味の決め手です。

疲労回復に効果あり! 45kcal以下で味わうあさりのスープ 画像(10/5) 「もずくとあさりのにんにくスープ」

クレソンとあさりのスープ

わずか10分で調理できるスピードメニュー。心地のよい食感をキープするために、クレソンはスープが沸いてから軽くボイルします。白ワインの酸みとバターのマイルドな味わいが絶妙にマッチ。火を止めて塩こしょうで味をととのえたら完成です。

疲労回復に効果あり! 45kcal以下で味わうあさりのスープ 画像(15/5) 「クレソンとあさりのスープ」

あさりに含まれる栄養素は、水に溶けやすくスープにすると効率よく摂取できます。カロリーも控えめなので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?