5分で完成♪ 電子レンジで「ラク過ぎじゃがいも副菜」5選 画像(1/5) 「じゃがいもの和風ジェノベーゼ」

冷蔵庫に余っているじゃがいもを活用し、食卓のおかずをプラスワンしてみませんか? 火を使わず、電子レンジであっという間に作れるので調理もラクチンです。

じゃがいもの和風ジェノベーゼ

【材料・2人分】

じゃがいも 大1個、ソース(青じそのみじん切り 3枚分、オリーブ油 大さじ1、粉チーズ 小さじ2、白すりごま、しょうゆ 各小さじ1、おろしにんにく 少々)

【作り方】

1. じゃがいもは皮つきのまま洗って、水けをきらずにラップに包み、電子レンジで約4分、途中で上下を返して加熱し、一口大に切る。

2. ボウルにソースの材料を合わせ、1を加えてあえる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分150kcal、塩分0.5g、調理時間5分)

じゃがいもには、みかんと同じくらいのビタミンCがたっぷり。副菜で手軽にビタミンを摂取できるのも嬉しいポイントですよね。またバジルの代わりに青じそを使っているので、いつものジェノベーゼとは一風変わった味わいが楽しめます。

新じゃがといんげんのからしマヨあえ

さわやかなからしの風味が◎。ボウルにマヨネーズ、練りがらしを合わせ、そこへ加熱したじゃがいもといんげんを加えましょう。仕上げに塩で味をととのえたらできあがり。いんげんには疲労回復に繋がるアミノ酸が豊富なため、お疲れの時こそぜひ食べてもらいたい1品です。

5分で完成♪ 電子レンジで「ラク過ぎじゃがいも副菜」5選 画像(3/5) からしの風味がたまらない「新じゃがといんげんのからしマヨあえ」

じゃがツナサラダ

じゃがいもは1cm角にカット。少量の水を回しかけ、電子レンジで約4分間加熱します。サラダのドレッシングにはゆずこしょうを活用。あとはドレッシングに、じゃがいもとツナを混ぜ合わせれば完成です。食卓の副菜だけでなく、お弁当のおかずにも最適かも。

5分で完成♪ 電子レンジで「ラク過ぎじゃがいも副菜」5選 画像(6/5) 「じゃがツナサラダ」

じゃがいもとハムのからしマヨあえ

マヨネーズと練りがらしをボウルでかき混ぜ、加熱したじゃがいもを加えます。じゃがいもをフォークで粗く潰しながらあえていき、細切りにしたハムを投入。ハムはざっと合わせるだけでOKです。マヨネーズとからしの絶妙な味わいは、思わず病みつきになりそう。

5分で完成♪ 電子レンジで「ラク過ぎじゃがいも副菜」5選 画像(10/5) 「じゃがいもとハムのからしマヨあえ」

簡単ポテサラ

ポテサラに使う具材は、じゃがいもと玉ねぎだけ。味つけはレモン汁、マヨネーズ、塩、こしょうで調味していきます。レモン汁で味が引き締まり、普段とは一味違うポテサラが楽しめるはず。こしょうは、ポテサラを器に盛ってからふるのがポイントです。

5分で完成♪ 電子レンジで「ラク過ぎじゃがいも副菜」5選 画像(15/5) 「簡単ポテサラ」

どのレシピも調理時間はたった5分。手軽に作れるものばかりなので、副菜に困ったらぜひ1度お試しあれ。