とろ~り卵でご飯が進む! 夏休みのランチはお手軽卵とじ丼でOK 画像(1/3) 「油揚げのカツとじ風丼」

8月も終わりが近づいてきましたが、ムシムシとした暑さは続きそう。厳しい日差しで買いものに行くのが大変なときは、家にある食材を活用した「卵とじ丼」がおすすめです。今回はさまざまな具で作る卵とじ丼をご紹介。手軽に作れるレシピばかりなので、忙しい日にも大活躍しますよ。

油揚げのカツとじ風丼

【材料・2人分】

卵 2個、油揚げ 1枚、長ねぎ 1/2本、温かいご飯 小どんぶり2杯分、だし汁 1/3カップ、みりん、しょうゆ、砂糖、塩、七味とうがらし

【作り方】

1. ねぎは縦半分に切って斜め薄切りにする。油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、横3等分に切って縦細切りにする。卵は溶きほぐす。

2. 鍋にだし汁、みりん、しょうゆ各大さじ1、砂糖大さじ1/2、塩少々を入れて火にかける。煮立ったらねぎ、油揚げを加えて約2分煮る。溶き卵を流し入れてふたをし、強火にして10~20秒煮て火を止め、余熱で火を通す。

3. 器にご飯を盛り、2をかけ、七味適宜をふる。

(1人分411Kcal、塩分1.8g)

油揚げに煮汁のうまみがたっぷり染みこんだ1品です。油揚げは熱湯をかけて表面の油を除くのがポイント。鍋にだし汁、みりん、しょうゆ、砂糖などを入れて火にかけ、煮立ったところで長ねぎと油揚げを加えてください。

さば缶の卵とじ丼

さば缶を使えば簡単にコクうまなどんぶりが作れます。ほうれん草をプラスして栄養バランスをととのえましょう。

とろ~り卵でご飯が進む! 夏休みのランチはお手軽卵とじ丼でOK 画像(3/3) ほうれん草は下ゆでしなくてもOK!「さば缶の卵とじ丼」

ちくわとじ丼

揚げ玉を加えたら、すぐに卵を落とし入れるのがコツ。ちくわの歯ごたえと揚げ玉のサクサク感が相性抜群です。

とろ~り卵でご飯が進む! 夏休みのランチはお手軽卵とじ丼でOK 画像(6/3) 「ちくわとじ丼」

素朴な味わいが魅力の卵とじ丼は、何度も作りたくなるメニュー。ふんわりとやさしい味に仕上げて、卵と具材のハーモニーを堪能してみてはいかが?