5分でスピード調理! 今すぐ試したい超簡単「玉ねぎの副菜」5選

#食 
「玉ねぎのオイスター風味おひたし」


生で食べることができる上に、煮ても焼いてもおいしい「玉ねぎ」。ちょっとしたアレンジを加えるだけで、幅広いジャンルの料理に変身します。今回はご飯と一緒に食べられる、玉ねぎが主役の副菜5選をご紹介。どれもシンプルな食材で作れるものばかりなので、献立に困った時は助かるはずです。

玉ねぎのオイスター風味おひたし


【材料・2人分】

玉ねぎ 1/2個、煮汁(赤とうがらしの小口切り 1/2本分、オイスターソース 大さじ1、ごま油 小さじ1、水 70ml)

【作り方】

1. 玉ねぎは八つ割りにする。

2. 鍋に煮汁を煮立て、1を加えて約3分煮る。そのままおいてさます。

(1人分46Kcal、塩分1.0g、調理時間5分)

シンプルに玉ねぎの甘みを味わえる副菜です。素材の味を引き立たせるのはオイスターソース。ごま油と赤とうがらしを混ぜて煮汁を作ったら、玉ねぎを入れて約3分間煮込みましょう。

わかめと玉ねぎのごまみそあえ


わかめは流水で塩を落とし、水に約3分つけて塩抜きするのがポイントです。「ごまみそ」だけでなくマヨネーズも混ぜあわせ、まろやかな味つけに。

マヨネーズがまろやかな「わかめと玉ねぎのごまみそあえ」


玉ねぎのレンジチーズ蒸し


玉ねぎにワインをふることで、食欲を刺激する香りがアップ。ハムやチーズなどを上にのせて、レンジで加熱すれば完成です。

「玉ねぎのレンジチーズ蒸し」


おかか風味の焼き玉ねぎ


春に出荷され、やわらかく辛みも少ない「新玉ねぎ」を使う1品。焼いた後は、削りがつおを絡めてめしあがれ。

「おかか風味の焼き玉ねぎ」


もずくと玉ねぎのカリカリベーコンのせ


玉ねぎは縦薄切りにして、さっと水にさらして水けをきってください。もずくとベーコンの意外な相性がGOOD。

「もずくと玉ねぎのカリカリベーコンのせ」


芽が出ていたり根が伸びている玉ねぎは、品質が落ちています。茶色の外皮が乾いて重みがあり、つやのあるものを選ぶのがコツですよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //