手土産にすれば絶対に喜ばれる!? ラブリークッキー3選 画像(1/3) 「お花模様のクッキー」

ハロウィン、クリスマス、etc. …。これからの季節は、持ち寄りパーティや手土産を渡す機会も多いのでは? 今回はそんな時にぴったりな、キュートな見た目のクッキーをご紹介。作って楽しい、あげて喜ばれる、食べておいしいクッキーばかりです。


お花模様のクッキー

【材料・直径5cmのもの約24枚分】

基本の生地(溶き卵 1/2個分[25~30g]、全粒粉[または薄力粉] 200g、バター[食塩不使用] 90g、砂糖 60g、はちみつ 20g、塩 少々)、溶き卵 適宜、かぼちゃの種 50g、アーモンドスライス 30g、白いりごま 10g、黒いりごま 10g

【下ごしらえ】

1. バターは室温にもどす。

2. 全粒粉はざるでふるう。ざるに残った粒も混ぜる。

3. 天板1枚にオーブン用ペーパーを敷く。

4. オーブンは170℃に予熱する。

【作り方】

1. ボウルにバターを入れ、ゴムべらでクリーム状になるまで練り混ぜる。砂糖、塩を加え、白くふわっとするまですり混ぜる。はちみつ、溶き卵を順に加え、そのつど混ぜ合わせる。

2. 全粒粉を加え、軽く混ぜ合わせてから、手で粉っぽさがなくなるまで混ぜる。生地が均一になるまでさらにこね、ラップで包んで冷蔵庫で約1時間おく。

3. ラップ2枚で2をはさみ、めん棒で5mm厚さにのばす。直径5cmの円形の抜き型で抜き、天板に並べてオーブンでこんがりするまで約12分焼く。取り出して天板にのせたまま粗熱をとる。

4. 溶き卵をはけや小さめのスプーンで表面にぬる。半量はかぼちゃの種を縁に並べ、中央に白ごまを敷き詰める。残りの半量は、アーモンドスライスと黒ごまで同様にする。卵液をぬったら、かぼちゃの種を並べてからごまを敷く。卵液が乾くとつかないので、まとめて塗らずに1枚ずつ作業して。

5. 再び170℃のオーブンに入れ、さらに約5分焼く。取り出して天板にのせたまま完全にさます。

お料理メモ

・「かぼちゃの種」:カロリー1枚分82kcal

・「アーモンドスライス」:カロリー1枚分93kcal

・抜き型がない場合はコップの縁にサラダ油をぬって抜いて。

・全粒粉は小麦の表皮や胚芽(はいが)も含めてひいたもので、風味がよく、栄養価も高い。全粒粉がない場合は薄力粉で代用できる。

アーモンドやかぼちゃの種を花びらに見たてたキュートなクッキー。ごまの風味とクッキーの甘みが絶妙にマッチします。全粒粉は、バターがクリーム状になってから混ぜ合わせてください。

ぐるぐるクッキー

型なしでも作れるお手軽メニュー。2色の生地をラップで巻くと、渦巻き模様に仕上がります。

手土産にすれば絶対に喜ばれる!? ラブリークッキー3選 画像(3/3) ほろ苦いココアが味の決め手!「ぐるぐるクッキー」

いちごジャムクッキー

水分が抜けたいちごジャムの濃厚な甘みがたまりません。生地をこねたらラップで包んで1時間ほど冷蔵庫におきましょう。

手土産にすれば絶対に喜ばれる!? ラブリークッキー3選 画像(6/3) 「いちごジャムクッキー」

作業工程が多いクッキー作りは、親子でチャレンジするのがおすすめ。飾りつけなどを子どもと分担すれば、きっと楽しんでくれますよ。