冷蔵庫の残りもので華やかランチのできあがり!「フライパンジャンバラヤ」 画像(1/3) カレー粉ととうがらしでスパイシーに

玉ねぎ、ソーセージ、ミニトマト……といったありきたりの材料でも、味つけ次第でこんなにおいしく華やかに! 「フライパンジャンバラヤ」は、甘酸っぱいトマトケチャップとカレー粉のスパイシーな香りの組み合わせが食欲をそそるメニュー。フライパンごと食卓に出せば見た目も楽しく、家族から歓声が上がるはず。ちなみにジャンバラヤとは、アメリカ南部のルイジアナ州で生まれた米料理。お祝い事などのパーティで振る舞われることもあるんだとか。


フライパンジャンバラヤ

【材料】(2人分)

ウインナソーセージ 5本、ミニトマト 3個、ピーマン 2個、玉ねぎ 1/2個、にんにくの粗みじん切り 大1片分、ホールコーン缶 1/2缶(約70g)、パセリのみじん切り 1/2枝分、温かいご飯 どんぶり2杯分、合わせ調味料(トマトケチャップ 大さじ3、とんかつソース 大さじ1/2、カレー粉 小さじ1、しょうゆ 少々)、サラダ油、塩、こしょう、一味とうがらし


【作り方】

1.ミニトマトは縦半分に切る。ピーマンと玉ねぎは2cm四方に切る。ソーセージは1.5cm幅に切る。

2.フライパンに油大さじ1と1/2を強火で熱し、にんにく、玉ねぎ、ソーセージを加えて炒める。玉ねぎが透明になったらピーマンも加えてさっと炒め、こしょう少々をふる。

3.合わせ調味料を加えて汁けをとばしながら炒め、汁けがほとんどなくなったら、ご飯を加えてほぐしながら、全体になじむまで炒める。

冷蔵庫の残りもので華やかランチのできあがり!「フライパンジャンバラヤ」 画像(3/3) 具と調味料をよく炒めてからご飯を加えて炒め合わせると、べチャッとせず、短時間でパラリと仕上がる

4.塩小さじ1/2、一味適宜、コーンの缶汁をきって加え、炒める。パセリをふり、ミニトマトを飾る。

(1人分683kcal、塩分4.0g、調理時間10分)