地味なのに中毒性アリ!?  必ずまた食べたくなる「かぶの炒め煮」レシピ 画像(1/4) だしがしみこんだ上品な一皿

見た目の派手さはないけど、一度作れば確実に一軍メニュー入り間違いなしの実力派。「かぶの炒め煮」は、口の中でホロホロくずれるかぶがしみじみおいしい煮物です。かぶは今が旬。身がつややかで真っ白く、よくしまって形の丸いものを選びましょう。ひげ根が1本ぴんと伸びていること、葉が青々としていることも新鮮さの目安になります。保存は、ひげ根を除き、茎を少し残して葉を切り離してポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。4~5日ほど保存が可能です。葉は水で湿らせたペーパータオルなどで根元を包み、さらに新聞紙でくるめば、鮮度と栄養が保てます。


かぶの炒め煮

【材料】(2人分)

かぶ(葉つき) 3個、油揚げ 1枚、煮汁(だし汁 1と1/4カップ、しょうゆ、みりん 各小さじ2、砂糖 小さじ1、塩 小さじ1/3)、ごま油


【作り方】

1.かぶは茎をつけ根の部分で切り落とす。上からひげ根のある下のほうに向かって、円く皮をむいていく。4~6等分のくし形に切る。切り落とした葉の1個分は3cm長さのざく切りにする。油揚げは横半分に切り、1cm幅の短冊切りにする。

地味なのに中毒性アリ!?  必ずまた食べたくなる「かぶの炒め煮」レシピ 画像(3/4) 茎を残さず切り落とす
地味なのに中毒性アリ!?  必ずまた食べたくなる「かぶの炒め煮」レシピ 画像(6/4) 上から丸く皮をむく

2.鍋にごま油小さじ2を熱し、1のかぶを入れて炒める。表面が透き通ってきたら、1の油揚げ、煮汁の材料を入れ、オーブン用ペーパーなどで落としぶたをして約5分煮る。かぶの葉を加え、さっと煮て、器に盛る。

(1人分146kcal、塩分2.0g、調理時間15分)