余った黒豆をおかずにアレンジ! お弁当にもぴったりな「黒豆卵焼き」

#食 
お正月の黒豆が余ったらぜひ卵焼きに。削りがつおの風味と黒豆の食感を楽しんで


おせちの黒豆がなかなか減らず、毎日悪戦苦闘してるO子です。時間をかけて作ったものなので、捨てるなんて絶対にイヤ!と半ば意地になって食べているのですが、ヨーグルトやクリームチーズと合わせたり……といったアレンジ法も底を尽き、もはやこれまでと思ったそのとき! 「黒豆卵焼き」のレシピを発見したのです。かつお節の風味と黒豆のほのかな甘さが調和して、味わいはとても上品。朝食にも、お弁当の彩りにもぴったりなので、あっという間に我が家の黒豆もはけそうです。おせちの黒豆が余っている人は、ぜひお試しを!

黒豆卵焼き


【材料】(2人分)

卵液(溶き卵 2個分、削りがつお 大さじ3、水 大さじ2、しょうゆ 小さじ1/2)、黒豆の甘煮 大さじ3、サラダ油

【作り方】

1.ボウルに卵液の材料を入れて混ぜる。黒豆は汁けをきる。

2.卵焼き器に油を薄くぬり、火にかける。温まったら卵液の1/3量を流し広げ、黒豆大さじ1を広げてのせる。卵が半熟に固まったらフライ返しで手前にくるくると巻き、向こう側にずらす。卵液の半量を流し、卵焼きの下にも卵液がまわるようにし、黒豆大さじ1を広げてのせる。手前にくるくると巻いて向こう側にずらし、残りの卵液を流して残りの黒豆をのせ、同様に手前に巻く。両面に焼き色をつけ、取り出して4等分に切る。

(1人分121kcal、塩分0.6g)

黒豆&ヨーグルトの毎日でしたが、「黒豆卵焼き」レシピのおかげでレパートリーが広がりました!(by O子)

O子が毎日食べている黒豆withヨーグルト。後ろに写っているのは、鞍馬寺の福虎の土鈴です。みなさまに福が訪れますように!


この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
黒豆卵焼き

おもちが余っている人は、こちらもおすすめ!
おろしあんかけ揚げもちをチェック!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //