もうご飯作りたくない…な時こそ「シンガポールチキンライス」がオススメなワケ 画像(1/3) 一緒に炊いたとり肉を添えてボリューム満点!

お正月休みが終わったと思ったら、また連休……! ご飯作りに追われるお母さんたちにはツラい三連休かもしれませんが、そんなときこそ炊飯器1つで調理OKの「シンガポールチキンライス」の出番です。材料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけの簡単レシピですが、しっとりとしたとり肉と、そのうまみをたっぷり吸ったご飯がとっても美味。おせちやおもちに飽きた舌には、特においしく感じるはずです。


シンガポールチキンライス

【材料】(2~3人分)

米 2合、とりもも肉 1枚(約250g)、レタス 適量、長ねぎ(青い部分も含む) 1本、にんにく 大1片、しょうがの薄切り 1かけ分、たれ(おろししょうが、レモン汁、砂糖 各小さじ1、ナンプラー 大さじ1)、ナンプラー 大さじ1、とりガラスープの素 小さじ1、塩、粗びき黒こしょう


【作り方】

1.米は洗ってざるに上げ、15~20分おく。とり肉は塩小さじ1/4をすり込む。レタスは10cm長さ、1cm幅に切る。ねぎは5cm長さに切り、にんにくは包丁の腹で潰す。たれの材料は混ぜる。

2.炊飯器に米、ナンプラー、スープの素、こしょう少々を入れて混ぜ合わせ、とり肉の皮目を下にしてのせる。まわりにねぎを並べ、しょうが、にんにくも入れ、水1と1/4カップを加えて普通に炊く。

もうご飯作りたくない…な時こそ「シンガポールチキンライス」がオススメなワケ 画像(3/3) 火が通りやすいようにとり肉の皮目を下にして炊く。表面の仕上がりもきれいになる

3.炊き上がったら、とり肉、ねぎ、しょうが、にんにくを取り出し、ご飯を混ぜて約5分蒸らす。とり肉は食べやすく切る。

4.器にご飯を盛り、とり肉、レタスを添え、とり肉にたれをかけて食べる。

(1人分528kcal、塩分3.4g)