風邪予防にいかが? β-カロテンをたっぷり摂れるにんじんのスープ5選

#食 
「にんじんのスープ」


にんじんは一年を通して出回り、スーパーなどで安価に手に入る野菜。β-カロテンが豊富に含まれているため、体の抵抗力を高めて風邪などから体を守るのにも役立ちます。そこで今回は、栄養たっぷりの「にんじんのスープ」をおいしく作る方法をご紹介。5つのメニューをピックアップするので、ぜひ毎日の献立に取り入れてみてくださいね。

にんじんのスープ


【材料・2人分】

にんじん 小1本、バター 大さじ1、しょうがのせん切り 1かけ分、黒いりごま 適宜、水 4カップ、固形スープの素 1個

【作り方】

1. にんじんは薄い輪切りする。

2. 鍋にバターを入れて火にかけ、バターが溶けたらにんじんとしょうがを入れて炒める。香りが立ったら水とスープの素を加えて煮る。

3. にんじんがやわらかくなったら器に盛り、ごまをふる。

(1人分80Kcal、塩分1.1g)

にんじんは薄い輪切りにした後、鍋でしょうがと一緒に炒めます。十分に香りが立ったら水とスープの素を加えて煮ていきましょう。バターのコクを感じるスープに、黒ごまをふりかけて召し上がれ♪

にんじんのコンソメスープ


洋風スープの素と塩、こしょうで味つけしたあっさり味のスープ。千切りにしたにんじんがたくさん入っているので、彩りも鮮やかです。

鮮やかな色どりが食欲をそそる「にんじんのコンソメスープ」


にんじんのカレーポタージュ


カレー粉をきかせた一風変わった味わいのポタージュ。汁物のメニューがマンネリしてきたときなどにもうってつけですよ。

「にんじんのカレーポタージュ」


とろみにんじんスープ


ベーコンを加えた満足感のある一品。にんじんを皮ごとすりおろして作ったスープは、素材のうまみをあますことなく堪能できます。

「とろみにんじんスープ」


にんじんのクリームスープ


バターをプラスしてうまみを引き出すのがおいしく仕上げるコツ。にんじんはやわらかくなったら一度取り出し、ミキサーでピューレ状にしてからもどしましょう。

「にんじんのクリームスープ」


にんじんは皮の色つやがよく、ずっしりと重みのあるものを選ぶのがおすすめ。葉のつけ根がやわらかいものは古くなっているので、お店で買うときには気をつけてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //