食物繊維で腸を活性化♪「ごぼう」をプラスしたハンバーグ5選 画像(1/5) 「とりごぼうバーグ」

肉汁たっぷりのハンバーグは、子どもにも大人気のご馳走メニュー。普通に作ってもおいしいですが、“たね”に何を混ぜるかによって栄養や味が大きく変わってきます。今回はごぼうの食感と風味を堪能できるハンバーグ5選をご紹介。食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整えたい人にもうってつけですよ。


とりごぼうバーグ

【材料・2人分】

とりひき肉 200g、長ねぎ 1/2本、ごぼう 1/4本、おろししょうが 1かけ分、まいたけ 1/2パック(約50g)、ししとうがらし 6本、片栗粉、塩、サラダ油、酒、しょうゆ、砂糖、みりん

【作り方】

1. ねぎはみじん切り、ごぼうはよく洗って粗みじん切りにし、ともにボウルに入れる。ひき肉、しょうが、片栗粉大さじ1、塩少々を加えて粘りが出るまでよく練り混ぜる。半量に分け、小判形にまとめる。ひき肉の量に対して、ごぼうがたっぷり。ごぼうはせん切りスライサーを使ってから包丁で刻むと細かくしやすい。

2. まいたけは半分に裂く。フライパンに油大さじ1を熱し、まいたけとししとうを焼く。ともに焼き色がついたら塩少々をふって取り出す。

3. 同じフライパンに1を並べて約3分焼く。焼き色がついたら上下を返し、酒大さじ2を加えてふたをし、弱火で5~6分蒸し焼きにして器に盛る。同じフライパンに、しょうゆ大さじ1 1/2、砂糖、みりん各大さじ1、水大さじ2を入れて火にかけ、とろみがついたらハンバーグにかけ、2を盛り合わせる。好みで粉ざんしょうをふっても。

(1人分308Kcal、塩分2.4g)

ひき肉の量に対してごぼうを多めに混ぜるのがポイントです。ごぼうは細かくなるように、せん切りスライサーを使ってから粗みじん切りにしましょう。付け合わせとしてとうがらしとまいたけを添えれば、ヘルシーなのに満足感を得られる一品のできあがり。


ごぼうハンバーグのごま煮甘辛ソース

ハンバーグだねを作るときは、まずごぼう以外の材料を混ぜ合わせておくこと。後からごぼうを加えるとまとまりやすくなります。

食物繊維で腸を活性化♪「ごぼう」をプラスしたハンバーグ5選 画像(3/5) ソースとお肉が相性抜群!「ごぼうハンバーグのごま煮甘辛ソース」

根菜バーグ

根菜のシャキシャキ食感がたまらないハンバーグ。ごぼうとれんこんは小麦粉をまぶし、水けを抑えてからひき肉だねに加えてくださいね。

食物繊維で腸を活性化♪「ごぼう」をプラスしたハンバーグ5選 画像(6/5) 「根菜バーグ」

しょうゆ麹の野菜バーグ

下ごしらえとして米麴をしょうゆで発酵させたしょうゆ麹を用意。肉だねとソースに加えるだけで、風味やうまみが格段にアップします。

食物繊維で腸を活性化♪「ごぼう」をプラスしたハンバーグ5選 画像(10/5) 「しょうゆ麹の野菜バーグ」

とり根菜バーグ

ごぼうとれんこん、にんじんを使った根菜そぼろをミックスします。いつもとは違った食感のハンバーグを食べたい日におすすめ。

食物繊維で腸を活性化♪「ごぼう」をプラスしたハンバーグ5選 画像(15/5) 「とり根菜バーグ」

ごぼうは乾燥すると味が落ちるだけでなく、繊維がかたくなり消化されにくくなってしまうので要注意。保存する際には密閉できるポリ袋に入れておけば安心です。