やさしい甘みがあとを引く♪ 旬の新玉ねぎを使ったサラダ

#食 
「新じゃがと新玉のマカロニサラダ」


春に出荷される新玉ねぎは、普段流通しているものに比べて辛みが少ないので生食にうってつけ。そこで今回は旬の新玉ねぎを使ったサラダを5つピックアップし、ご紹介していきましょう。ほんのりと甘く、やわらかい食感なのできっと子どもにも喜んでもらえるはずですよ♪

新じゃがと新玉のマカロニサラダ


【材料・2~3人分】

新玉ねぎ 1個、新じゃがいも 小2個(約200g)、ツナ缶 小1缶(約70g)、マカロニ(ゆで時間12分のもの) 100g、塩、カレー粉、マヨネーズ、こしょう

【作り方】

1. 玉ねぎは縦半分に切って1cm幅のくし形切りにし、耐熱皿にのせてふんわりとラップをかける。電子レンジで約2分加熱し、そのままおく。

2. じゃがいもは皮つきのままよく洗い、鍋にたっぷりの水とともに入れて火にかける。沸騰したら塩適量、マカロニを加える。じゃがいもがやわらかくなるまで約12分ゆでて、火を止める。

3. マカロニは湯に入れたままにし、じゃがいもは取り出してペーパタオルなどで包み、熱いうちに皮をむく。

4. じゃがいもをボウルに入れて木べらで粗く潰し、塩少々を加えて混ぜる。マカロニはざるにあけてしっかり湯をきり、ボウルに加える。

5. 1の玉ねぎを汁ごと加えて混ぜる。ツナも缶汁ごと、カレー粉少々、マヨネーズ大さじ3とともに加えて混ぜる。塩、こしょう各少々で調味する。器に盛り、好みでイタリアンパセリの粗みじん切りを散らしても。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分340Kcal、塩分1.2g)

春の味覚である「新玉ねぎ」と「新じゃがいも」を一緒に味わえるサラダです。新玉ねぎをレンジで加熱したときに出た水分は甘みがあっておいしいので、汁ごとボウルに加えて混ぜると◎

ダブル新玉ねぎサラダ


新玉ねぎは根元ギリギリの部分で根を切り落とし、縦薄切りにしていきます。しらす干しと白いりごまを加えたら、自家製ドレッシングをかけて召し上がれ。

【画像を見る】新玉ねぎのみずみずしさを味わえる「ダブル新玉ねぎサラダ」


新玉ねぎとツナのサラダ


新玉ねぎは縦半分にカットし、横薄切りにしてから使用します。普通の玉ねぎと違って辛みが少ないからたくさん食べられるはず。

「新玉ねぎとツナのサラダ」


新玉ねぎのおかか梅サラダ


梅とおかかでさっぱりといただく和風サラダ。新玉ねぎは繊維に沿って切ると、生のシャキシャキッとした食感を楽しめます。

「新玉ねぎのおかか梅サラダ」


新玉ねぎとそら豆の焼きサラダクリーミータルタルのせ


新玉ねぎがこんがり焼けたら、そら豆と水を加えるタイミング。蒸し焼きにして、しっかりと火を通しましょう。

「新玉ねぎとそら豆の焼きサラダクリーミータルタルのせ」


玉ねぎを選ぶときは球がかたく締まっていて重みがあり、つやのあるものをチョイスするのがポイント。芽が出ていたり、根が伸びているものは品質が落ちているので避けてくださいね。


sirtophamhatto@yahoo.co.jp

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //