暑い日の汁ものはコレで決まり! さらっと飲める冷たいスープ5選

#食 
「豆腐の冷たいスープ」


初夏とはいえ、汗ばむような陽気の日もある今の時期。晩ごはんにどんな汁ものを添えるべきか悩んでしまいますよね。冬場とてもおいしく感じたアツアツのみそ汁もいいですが、こんな時は気分を変えて口当たりがよくサラっと飲める「冷たいスープ」を用意してみませんか?

豆腐の冷たいスープ


【材料・2人分】

水 1と1/2カップ、とりガラスープの素 小さじ1、塩 適宜、こしょう 少々、オクラ 1本、絹ごし豆腐 1/2丁、ごま油 小さじ1/2

【作り方】

1. 小鍋に水とスープの素、塩小さじ1/3、こしょうを入れて火にかけ、煮立ったら火を止める。粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

2. オクラは塩少々を加えた熱湯(分量外)でさっとゆでて、小口切りにする。

3. ミキサーに豆腐と1を入れ、かくはんする。なめらかになったら、味をみて塩で味をととのえ、器に盛って2をのせ、ごま油をかける。

※ミキサーがない場合は、ボウルに豆腐を入れて泡立て器でよく混ぜてから、スープを少しずつ加えては混ぜて。

(56Kcal、塩分1.7g)

大豆のシンプルなうまみを感じられるヘルシーなスープです。56Kcalと低カロリーながら、とろりとした食感なので食べごたえは満点。美しい緑色のオクラを散らして、涼しげな見た目に仕上げてください。

じゃがいもと長ねぎの冷たいスープ


カットしたじゃがいもと長ねぎ、調味料を耐熱ボウルに入れたら、電子レンジで加熱。調理の手間がかからないお手軽メニューです。

【画像を見る】バターのコクがたまらない「じゃがいもと長ねぎの冷たいスープ」


冷たい豆乳コーンスープ


クリームコーン缶のほのかな甘みを活かすため、豆乳は成分無調整のものを使います。砂糖と塩の量を控えめにするのもポイント。

「冷たい豆乳コーンスープ」


冷たいトマトスープ


数種類の香味野菜を加えて、スペイン料理の「ガスパチョ」のような味わいに仕立てましょう。器に盛りつけてから氷を入れると、涼感たっぷり。

「冷たいトマトスープ」


アボカドとヨーグルトの冷たいスープ


「森のバター」と呼ばれるアボカドは栄養豊富。ヨーグルトを足して、暑さで疲れがちの身体を癒やすスープを作ってみては?

「アボカドとヨーグルトの冷たいスープ」


冷たいスープをより楽しむためには、器も冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめ。中身がぬるくなりにくいので、最後まで“ひんやり”テイストでいただけますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //