低カロリー&ヘルシー!「豆腐とえびのピリ辛炒め」 画像(1/2) ボリューミーなのに、低カロリー! 豆板醤の辛みがあとを引くおいしさ

イソフラボンたっぷりで美容にもダイエットにもおすすめの豆腐。水切りしている間に、えびの下処理をして野菜を切っておけば、あとは炒めるだけ!でOKの簡単さです。ピリ辛の豆腐とえびでしっかり食べごたえがあるのに、低カロリーなのがうれしい! 


【豆腐とえびのピリ辛炒め】(1人分263Kcal、塩分1.3g、調理時間15分)


<材料・2人分>えび8尾、下味(酒大さじ1/2、塩…少々)、もめん豆腐300g、チンゲンサイ1株、にんにくのみじん切り小さじ1、しょうがのみじん切り小さじ1、豆板醤(トウバンジャン)小さじ1/2~1、片栗粉、ごま油、塩


<作り方>

(1)豆腐はペーパータオルに包んでおもしをし、約10分おいて水きりする。チンゲンサイは4cmm長さに切り、軸の太い部分は縦2~3等分に切る。えびは殻と尾をむき、あれば背に包丁で切り目を入れて、背わたを除く。下味を軽くもみ込んで約5分おき、さっと水で洗ってペーパータオルで水けを拭き、片栗粉を薄くまぶす。

(2)フライパンにごま油小さじ2、にんにく、しょうが、豆板醤を入れて熱する。香りが立ったら、えび、チンゲンサイの軸、塩少々を加え、えびの色が変わるまで1~2分炒める。

(3)豆腐を一口大にちぎって加え、チンゲンサイの葉も加えて1~2分炒め合わせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】