10分で本格韓国料理ができる夕飯レシピ「牛肉と大根の韓国風炒め」 画像(1/2) 下味をしっかりつけた牛肉で味がしまる

家庭でも手軽に作れる、ピリ辛でパンチの効いた韓国風の炒めものです。この時期の風邪予防になるビタミンもたっぷりとれるのがうれしい! 牛肉に下味をつけている間に野菜を切れば、あとは炒めるだけの手軽さも魅力。


【牛肉と大根の韓国風炒め】(1人分285Kcal、塩分3.0g、調理時間10分)


<材料・2人分>牛もも薄切り肉150g、下味(おろしにんにく小さじ1/2、一味とうがらし・白いりごま各少々、しょうゆ大さじ1、砂糖・ごま油各大さじ1/2)、大根5~6cm、にんじん1/2本、万能ねぎ1/2袋、サラダ油、しょうゆ、砂糖、みりん、塩、こしょう


<作り方>

1.牛肉は繊維に沿って5mm幅に切り、下味の材料とともにボウルに入れてもみ込む。大根は5mm幅の細切りに、にんじんは1~1.5cm幅の短冊切りにする。万能ねぎは5cm長さに切る。

2.フライパンに油少々を熱し、大根、にんじんを入れて炒める。全体がしんなりしたら、いったん取り出す。

3.同じフライパンに1の牛肉を入れて炒める。色が変わったら2を戻し入れ、しょうゆ、砂糖、みりん各大さじ1、塩、こしょう各少々を加えて混ぜ合わせる。万能ねぎを加え、さっと炒め合わせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】