[ペティナイフ]

ペティナイフ

万能包丁(上)、ペティナイフ(中)、小出刃包丁(下)

万能包丁(上)、ペティナイフ(中)、小出刃包丁(下)

両刃の洋包丁(※)のうち、刃の長さが10~15㎝程度のもの。

1本目の包丁は万能包丁(三徳包丁ともいう)などがよいが、2本目としてペティナイフを持っていると便利。
野菜や果物の皮をむいたり芯(しん)をくりぬいたりするほか、面取り、肉の筋切りなど、細かい作業に向く。

※洋包丁:明治時代に欧米から入ってきた包丁の総称。一般に刃が薄く幅がある。代表的なものに、牛刀と呼ばれる、先端のとがった主に肉切りに使われる包丁がある。

【ペティナイフ】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る