[ホウチョウ]

包丁

調理用の刃物のこと。ナイフ。

材料を、切る、刻む、裂く、むくときに使う。
材質は、鋼(はがね)、ステンレス、セラミックなどがある。

家庭では、万能包丁(三徳包丁)がよく使われている。先端のとがった肉用の洋包丁(※)に、野菜用の和包丁(※)の幅が広いという特徴を取り入れており、広範囲に使える。
ほかに、牛刀、ペティナイフ、出刃包丁、刺し身包丁、菜切り包丁、中華包丁、パン切り包丁などがある。

1本目には万能包丁か牛刀、2本目にはペティナイフを、魚料理が好きなら出刃包丁か小出刃を揃えるのがおすすめ。

本来は「庖丁」と書くが、常用漢字にないため、一般には「包丁」と書くことが多い。

※洋包丁:明治時代に欧米から入ってきた包丁の総称。一般に刃が薄く幅がある。代表的なものに、牛刀と呼ばれる、先端のとがった主に肉切りに使われる包丁がある。
※和包丁:洋包丁に対し、日本で昔から使われている包丁の総称。刃の部分は、洋包丁よりもろいがよく切れる。出刃包丁、刺し身包丁、菜切り包丁など、用途に応じてさまざまな形のものがある。