[ナキリボウチョウ]

菜切り包丁

野菜用の和包丁(※)のこと。

腹の部分の幅が広く、長方形をしている。
刃の先端部分に丸みがあるが、洋包丁のようにカーブが大きくなく、直線部分が長いので、カサのある野菜をザクザク切ったり、まな板の上でトントンたたいたり、皮をむくのに便利。

※和包丁:洋包丁に対し、日本で昔から使われている包丁の総称。刃の部分は、洋包丁よりもろいがよく切れる。出刃包丁、刺し身包丁、菜切り包丁など、用途に応じてさまざまな形のものがある。
※洋包丁:明治時代に欧米から入ってきた包丁の総称。一般に刃が薄く幅がある。代表的なものに、牛刀と呼ばれる、先端の尖ったおもに肉切りに使われる包丁がある。

【菜切り包丁】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る