[デバボウチョウ]

出刃包丁

万能包丁(上)、ペティナイフ(中)、小出刃包丁(下)

万能包丁(上)、ペティナイフ(中)、小出刃包丁(下)

主に魚を調理するときに使う、和包丁(※)のこと。

刀身(包丁本体の金属部分)が厚く重いため、魚の骨まで切ることができる。
家庭用には、小回りがきき、あじ程度の大きさの魚をおろすのに向いている、刃渡り10~12㎝の小出刃(こでば)がおすすめ。さばより大きな魚をおろすなら、刃渡り15~20㎝のものを。

※和包丁:洋包丁に対し、日本で昔から使われている包丁の総称。刃の部分は、洋包丁よりもろいがよく切れる。出刃包丁、刺し身包丁、菜切り包丁など、用途に応じてさまざまな形のものがある。
※洋包丁:明治時代に欧米から入ってきた包丁の総称。一般に刃が薄く幅がある。代表的なものに、牛刀と呼ばれる、先端の尖ったおもに肉切りに使われる包丁がある。