からくさ切り

[カラクサギリ]
いかをからくさ切りにする。これを加熱すると、からくさ模様のような形になる
関連する食材:いか

飾り切りの一つで、でき上がりが、からくさ模様のような形になるよう、切ること。

大根の場合、葉を取り除いた大根の茎を3〜6cm長さに切り、包丁を斜めにして5〜6mm間隔で切り目を入れ、縦に薄切りにする。これを水に放して、しばらくすると、切り目が開いてクルクルと巻き、からくさ模様のような形になる。水をきり、刺し身のつまや、あえものなどのあしらいに。

いかの場合、開いて皮をむいたいかに、包丁を斜めにして等間隔で切り目を入れ、裏返して切れ目と直角になるように切り分ける。加熱するとからくさ模様のような形になる。(画像は加熱前のもの)酢のもの、あえものなどに。

おすすめ読みもの(PR)