鹿の子切り

[カノコギリ]

主に、こんにゃく、いか、貝類に用いる切り方で、材料に対して垂直に包丁を入れ、縦横の格子、または、斜め格子に切り目を入れること。

味のしみこみをよくするため、または食べやすくするため。切り目の間隔が、1〜2mmのものを「布目」、3〜5mmのものを「鹿の子」と区別することもある。

材料に対して斜めに包丁を入れ、斜め格子に切り目を入れるのは、「松笠切り」という。

おすすめ読みもの(PR)