[ハナレンコン]

花れんこん

れんこんを花れんこんにする

れんこんを花れんこんにする

関連する食材:れんこん

野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、れんこんの穴を利用して、花形にむいたもの。

れんこんを、4~5cm長さに切り、穴と穴の間の厚い部分に2~3mm深さに縦に切り目を入れ、切れ目に向かって左右から斜めに包丁を入れて、皮ごと三角形に切ってはずしたら、切り口の角を落とすように丸みをつけながら、残った皮をむく。
そのあと、用途に応じた厚さの輪切りにする。

慣れないときや、枚数が少ない場合は、手間はかかるが、1枚ずつ切るとよい。
適当な厚さに切り、節穴のカーブに沿って皮をむき、花弁になる境目の部分はれんこんの向きを変えて両方向から深めに包丁を入れてはずす。

煮ものや甘酢漬けなどに。

【花れんこん】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る