塩ゆで

[シオユデ]

熱湯に1〜2%程度の塩を入れて、材料をゆでること。

一般に濃度は、1%(1リットルの湯に塩10g=小さじ2弱)が目安。ゆでる材料や目的によって加減する。

青菜の場合、甘みやうまみを引き立て、えぐみを抑えることができる。色鮮やかにするために塩ゆでする場合は、塩分濃度は2%以上が必要といわれている。

スパゲッティなどのパスタをゆでる際に塩を加えるのは、パスタに塩味をつけるため。また、塩を入れずにゆでると、ソースをからめても水っぽく感じられる。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31202品をご紹介!