[テンモリ]

天盛り(を添える)

煮ものに天盛りを添える

煮ものに天盛りを添える

日本料理の盛りつけの一つで、季節のものや彩りとなるもの、味わいを引き立てるものを添えること。

季節感や彩りを出すときには、ゆず、しらがねぎ、針しょうが、ねぎ類の小口切り、木の芽などを、味わいを引き立てるには、練りがらし、おろししょうが、刻みのり、赤とうがらしの小口切りなどを添える。

全体にパラパラとは散らさず、盛りつけた料理のいちばん上にまとめてのせることから、天盛りという。

天盛りを添えることは、この料理にはまだ誰も手をつけていない印となり、客に対するもてなしの意味合いもある。