[ユビキ]

湯引き

刺し身の造り方の一つ。

さく、または切り身にしてから、さっと湯にくぐらせ、氷水にとって冷やす。さくの場合は、まな板に置いて、上から熱湯をかける場合もある。
身がゆで上がってしまわないよう、霜ふりよりも、さらに軽い湯通しにする。
表面だけに火(熱)を通すことで、脂肪やにおいが取れ、食べやすくなる。

まぐろの赤身、はも、こち、たこなどに。

【湯引き】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る