[カバヤキ]

かば焼き

さんまのかば焼きどんぶり

さんまのかば焼きどんぶり

うなぎなどの体の長い魚を開いて骨を取り、しょうゆ、砂糖、酒、みりんなどで作ったたれをつけて焼いたもののこと。

材料は、うなぎのほか、あなご、どじょう、さんま、いわし、はもなど。

“かば”とは、水辺に生えている“がま”(蒲)という植物のこと。昔は、うなぎを裂かずに、縦に串を打って焼いたが、これが、がまの穂に似ていたことから、蒲焼き(がまやき→かばやき)と呼ばれるようになった。

【かば焼き】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る