[オトシブタ]

落としぶた

煮ものをするとき、鍋の中に落とし込んで材料に直接のせるふたのこと。

落としぶたをすることで、煮立った汁がふたにぶつかって対流を起こし、煮汁が全体にいきわたって均一に煮ることができる。
また、沸騰による材料の動きをおさえて、煮くずれを防ぐ役割も。

落としぶたには、木製、ステンレス製、プラスチック製などがある。
木製の場合は、煮汁がふたにしみこむのを避けるため、水で湿らせてから使う。
アルミホイルやオーブン用ペーパーなどで代用することも。その場合は、中央に空気抜きの穴をあける。

【落としぶた】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る