「フライパン焼きつけ」という新しい技を取り入れて、脱マンネリ朝ごはん!

#やってみた 

こんにちは眉屋まゆこです。

春ですね。
「春眠暁を覚えず」で朝起きられない春です。
まあ先月までは「寒すぎて起きられない」冬でしたが。
つまり一年中朝起きられないです。

そんな母に似ず、息子は早起き。
1~2歳の頃は腹上ダンスで起こされたりしていましたが…


最近は一人でリビングに行って遊んでてくれるので助かります。


ほんと大きくなって…(しみじみ)


でもちょくちょく報告に来るので二度寝はできないという。
あと動作音が大きすぎてヒソヒソ声の意味ない。


さて相変わらず話がテーマから脱線していますが、本題に戻りまして。
今回作ってみたのはレタスクラブ3月号の「脱マンネリ!すぐできトースト特集」です。


頭が起動してないせいで朝ごはんがマンネリになりがちで。
朝から3みたいな目でも作れるアレンジトーストレシピはありがたいです!

カリカリチーズトースト

材料(一人分)と作り方
1. 食パン(6枚切り)1枚は片面に、はけかスプーンの背でオリーブ油を薄くぬる。ピーマン1/2個は5mm厚さの輪切りにする。
2. 直径21cmのフライパンにピザ用チーズ40gを広げ入れ、バジル(ドライ)ふたつまみをもみながらふり、ピーマンを散らす。食パンの油をぬった面を上にしてのせて耐熱性のへらで軽く押さえ、強めの中火にかける。約2分、時々押さえながら焼き、裏返して約30秒焼く。


オーブントースターで作るとろとろ系チーズトーストもいいけれど、フライパンにしっかり押しつけるのでカリカリ香ばしいチーズをたっぷり堪能できました!
ピーマンの食感がアクセントになっておいしい!コーンなんかも合いそうなので、色々アレンジしてみたいです。

そして、具が焼きつけてあるので子どもも手に持って食べやすいのが地味によいです。
食べようとした瞬間に具が全部すべり落ちる悲劇を避けられるという。
パジャマとか床とか制服とかに具が落ちるとまた朝から一仕事ですもんね…

トーストレシピに「フライパン焼きつけ」という新しい技を取り入れて、脱マンネリ朝ごはんを目指します!

作=眉屋まゆこ


この記事に共感したら

眉屋まゆこ

眉屋まゆこ

マイペースな4歳児・ヒロ坊との日常を漫画でつづっています。著書に... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’21 3月「すぐできごちそうトースト」



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 3月号』情報はこちらから▼

やる気ゼロの日の晩ごはん/旬!新玉ねぎのささっとおかず/こぼしちゃった!大事件はこれにて解決!/腸マッサージで超すっきり!/うまくいかないのは全部、口グセのせいだった!/【とじこみ付録】ほぼ10分でできるぐっち夫婦の1品弁当BOOK/【とじこみ付録】初心者でも失敗しない『こねないパンBOOK』


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧