シンプルイズベストな塩風味! 素材の味が溶け込んだ具だくさんちゃんこ鍋5選 画像(1/5) 「とりの塩とろみちゃんこ鍋」

相撲部屋で、“その日料理を担当する人”を“ちゃんこ”と呼んでいたことから名づけられた「ちゃんこ鍋」。塩味のちゃんこ鍋が一般的ですが、シンプルな味つけなので失敗すると取り返しのつかないことに…。そこで今回は、基本のちゃんこ鍋5選を紹介していきます。オーソドックスな味つけをマスターして、鍋のレパートリーを増やしてみてください。

とりの塩とろみちゃんこ鍋

【材料・2~3人分】

とりもも肉 1枚(約250g)、とりひき肉 200g、しめじ 1パック(約100g)、かぶ(葉つき) 3個、にんじん 1/2本、煮汁(おろししょうが 1かけ分、おろしにんにく 1片分、酒 1/4カップ、みりん 大さじ1、しょうゆ 小さじ1と1/2、塩 小さじ1弱、水 4カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ2、水 大さじ4)

【作り方】

1. しめじは小房に分ける。かぶは茎を2cm残して葉と切り分け、2cm幅のくし形切りにする。葉は4cm長さに切る。にんじんは皮むき器で薄く削る。とりもも肉は一口大に切る。

2. 土鍋に煮汁とひき肉を入れ、菜箸でほぐしてから強めの中火にかける。煮立ったら中火にし、もも肉を加える。アクが出たら除き、約3分煮る。ひき肉は煮汁に混ぜてだし代わりに。火を入れると固まってしまうので、火にかける前にほぐしておく。

3. しめじ、かぶを加えて約2分煮て、水溶き片栗粉を加えて混ぜる。軽くとろみがついたらかぶの葉、にんじんを加えてさっと煮る。好みで粉ざんしょうをふっても。

(1人分308Kcal、塩分1.5g)

ひき肉をスープに溶かして“だし”として使用しています。水溶き片栗粉でとろみをつけて、あつあつの煮汁をキープ。お好みで粉ざんしょうを振っても美味しくいただけますよ。

海鮮塩ちゃんこ鍋

しょうがをたっぷり加えているので身体の芯から温まります。あじだんごの材料は粘り気が出るまでよく練り混ぜましょう。

シンプルイズベストな塩風味! 素材の味が溶け込んだ具だくさんちゃんこ鍋5選 画像(3/5) ボリューミーな“あじだんご”が決め手の「海鮮塩ちゃんこ鍋」

ふわふわだんごの塩ちゃんこ鍋

1人分227kcalのヘルシーな鍋料理。肉だんごには豆腐が入っているのでふんわりとした口当たりが楽しめます。

シンプルイズベストな塩風味! 素材の味が溶け込んだ具だくさんちゃんこ鍋5選 画像(6/5) 「ふわふわだんごの塩ちゃんこ鍋」

海鮮塩ちゃんこ鍋

あさりといかから出る魚介のうまみがたまりません。にんにく風味の煮汁がクセになります。

シンプルイズベストな塩風味! 素材の味が溶け込んだ具だくさんちゃんこ鍋5選 画像(10/5) 「海鮮塩ちゃんこ鍋」

とりだんごの塩ちゃんこ鍋

酒粕さけを使用した本格的な味わい。肉だねは丸めずにスプーンで落としていくと、凹凸の部分に煮汁がしみこみますよ。

シンプルイズベストな塩風味! 素材の味が溶け込んだ具だくさんちゃんこ鍋5選 画像(15/5) 「とりだんごの塩ちゃんこ鍋」

「4本足を着く=負け」を意味するので、相撲部屋のちゃんこ鍋には豚や牛は使われません。代わりに、手をつかずに2本足で立つ「とり」を使ってだしを取っているよう。ちなみに鶏ガラからだしを取ったちゃんこは、「ソップ炊き」とも呼ばれています。