超絶苦手だった「生ゴミ処理」た、楽しい…!【3COINS】水切り袋で生ゴミとは思えないビジュアルをゲット!

#やってみた 

生ゴミを入れるポリ袋や三角コーナー、色々ありますよね。

前にスリコで、自立型のビニール製生ゴミ袋を購入。可愛い柄だし、

そのまま水を絞れるし、なんといっても自立するから、

汚れやすい三角コーナーいらずで重宝しています♪

最近スリコに行ったとき、こんなクラフト紙のゴミ袋を発見!

この前、クラフト紙の野菜袋を購入し、そのオシャレ感を実感したところなので、

早速シンクのオシャレ度アップを狙って、このクラフト紙のゴミ袋を買ってみました☆

シンクの嫌な生ごみをオシャレにカバー。


商品名、紙製水切りゴミ袋20P。300円(税抜)。

パッと見、ラッピングとかに使う袋かな?って思いました。

“紙製水切りごみ袋”の文字に、紙のゴミ袋、しかも生ごみ用ってビックリ!斬新な発想!

ラッピングの袋かな?と思うほどのオシャレな見た目。


サイズは縦20.5㎝×横13㎝×底マチ8㎝。

広げるとしっかり自立します。

このままだと普通の袋に見えますが、よく見ると、

袋の下部分に直径5㎜ほどの穴がところどころにあいていて、ここから水が切れる様子。

そのままシンクに置いてもOKですが、袋の上の縁部分を折り返すと、

さらにしっかりと形が崩れにくくなり、またゴミを入れやすくなります。

このままクラフトの袋として使用できそう!


シンクに置いてみたところ・・・。これはオシャレだわ!

可愛いデザインの透明な自立型ゴミ袋も気に入っていましたが、

クラフト紙だとまったくゴミが透けないのがイイ。

シンクの清潔感もアップしますね。

生ゴミ処理、苦手だしイヤな作業だったのが、なんかポジティブにできるのがスゴイ!

我が家はお客様の座るダイニングの席からキッチンが近いので、

シンクが目に入ったときも、これなら生活感が出なくてとっても嬉しい♪

生ごみ入れとは思えない見た目が◎


一番気になっていたこと、やはり強度。

夕食後、生ごみがいっぱい入った袋の水を絞ってみます。

上から口部分を折り込んで、しっかりと絞りました。全然大丈夫、破れません!

下にあいた穴から水が出ますが、穴をゴミが塞いでいるのか、

全部からは水が出ずに、真ん中あたりの穴からドドドっと排水しました。

袋は湿っているものの、かなりしっかりギュッと絞っても破れません。

破れることなく水が切れました!


どのくらいこの袋が水に強いのかちょっと実験♪

シンクのボールに水を張って、そこに新品の袋を浸し、そのまま放置。

4時間後、どうなったかな?と袋の様子を見てみたら、まったくふやけていない!

耐水性の強い紙というのが、よく分かりました。

【実験画像】水で長い時間湿っていると破れるか…!?


シンクに置いておくと湿ってしまうので、この実験で濡れることへの安心感をゲット。

注意点として、熱湯や調理油を直接捨てない、

カレーやシチューなどとろみのある液体は目詰まりをする原因となる、との記載がありました。

クラフトの味のある雰囲気で、嫌な生ゴミもオシャレに隠しておけるこのゴミ袋。

そのオシャレを極める発想に、なるほど!とうなる、新しい商品でした!

文=かこゆき


ツボイケンジ

この記事に共感したら

かこゆき

かこゆき

6学年差の姉弟をもつ2児の母。可愛いもの、プチプラなもの、便利な... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧