野菜から食べて痩せぐせ習慣!パパっとできるきゅうりのサブおかず

#やってみた 

副菜としていつもの食事に気軽に取り入れられるきゅうり。きゅうりのサブおかずは、野菜から食べ始める「やせぐせ習慣」を身につけるのにもぴったりです。切り方を変えると、見た目だけでなく噛みごたえも違って食感を楽しめますよ。

『安うま食材ダイエット!vol.3 きゅうり』(レタスクラブMOOK)から、パパっと作れるきゅうりの副菜をご紹介します。

きゅうりにツナ缶やキムチをあえるだけでおつまみにもピッタリな一品

ツナとピリ辛たたききゅうり


ツナとピリ辛たたききゅうり


●1人分157kcal/塩分1.5g

[ 材料・2人分 ]

きゅうり……2本

長ねぎ……1/3本

白菜キムチ……80g

ツナ缶(チャンク)……小1缶(約75g)

ごま油……小さじ1

塩……少々

[ 作り方 ]

1.きゅうりはめん棒などでたたいてから長さを4等分し、四つ割りにする。ねぎは斜め薄切りにする。キムチは粗みじん切りにする。

2.ボウルにツナを缶汁をきって入れ、ごま油、塩、1も加えてあえる。

次ページ:ピーラーを使ってみよう!(2/2)

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

▼『安うま食材ダイエット!vol.3きゅうり』記事一覧はこちら▼






雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.3 きゅうり』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

シャキシャキとした歯応えのある食感とすっきりとした味わいで、メイン料理のつけ合わせや酢のもの、漬けもの、サラダといった副菜など、和洋中どんな料理にも使える「きゅうり」。料理の脇役としてとらえられがちなきゅうりですが、食べるだけでみるみるやせる!と、そのすぐれたダイエット効果で注目を集めています。また、きゅうり1本あたりのカロリーは約14kcalと非常に低カロリーで、ダイエットにピッタリ! きゅうりをおいしく食べてダイエットできるレシピを紹介します。

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧