もうやみつき...豚バラもナポリタンも爽やかに格上げする青じその魔法【香味野菜で夏のごはんが変わる!(1)】

#食 

風味づけに活躍する、香味野菜。お料理が爽やかに仕上がるから夏はとくに出番が増えますが、意外と使い切れないことも多いですよね。でも、香味野菜のポテンシャルは想像以上にすごいんです!

「香味野菜で夏のごはんが変わる!」連載第1回目は、「青じそ」に注目します。これまでの使い方の常識が一変! 意外なアノ料理にもぴったりマッチしちゃいますよ。

【画像を見る】もうやみつき...豚バラもナポリタンも爽やかに格上げする青じその魔法

▷教えてくれた人

ワタナベマキさん

料理家。旬の食材を使った季節感のある料理や保存食が得意。青じそ、みょうが、しょうがなどの香味野菜も大好きで、食事にふんだんに取り入れている。 

爽やかな香りで彩りにもなる「青じそ」

香りを立たせるためにちぎって使いたい「青じそ」

すがすがしい香りの成分には食欲を増進させる効果があります。ちぎることでさらに香りが立つので、料理の仕上げにちぎって散らすと効果的。暑さで食欲が落ち気味のときにもぜひ試してみて。

青じその上手な保存方法は?

水に茎をつけ、立てて保存

保存用の瓶に茎を下にして立てて入れる。水を葉につかないように少量入れ、ふたをして冷蔵室で保存する。水を2日に一度取り替えると5日ほど保存できる。

それではさっそく、青じそのレシピを作ってみましょう!


豚バラのカリカリ焼き 青じそトマトがけ

豚肉のこうばしさに、ジューシーでキリッと爽やかなトッピングがよく合う

爽やかなトッピングが食欲をそそる「豚バラのカリカリ焼き 青じそトマトがけ」

[ 材料・2人分 ]*1人分491kcal/塩分1.9g
・青じそ ...10枚
・豚バラ焼き肉用肉 ...10枚 (約250g)
・トマト ...大1個 (約250g)
・ポン酢じょうゆ ...大さじ2と1/2
・ごま油

[ 作り方 ]
1. トマトは2cm角に切ってボウルに入れ、ポン酢じょうゆを加えてさっと混ぜる。
2. フライパンにごま油小さじ1を中火で熱し、豚肉を並べる。肉から出てきた脂を拭き取りながら、両面がカリカリになるまで焼く。
3. しそは大きめにちぎって1に加え、さっと混ぜる。
4. 器に2を盛って3をのせる。

次ページ:つくねにナポリタン! 和&洋の青じそレシピ(2/2)

この記事に共感したら

Information

調理/ワタナベマキ 撮影/福尾美雪 スタイリング/河野亜紀 栄養計算/スタジオ食 編集協力/早川徳美 デザイン/原 真一朗

雑誌情報はこちら


『レタスクラブ7月号』
ホンキ推しレシピだけ!集めました!!/発表!!読者が選んだ夏のベストメニュー/安い肉で最強のボリュームおかず BOOK

楽天ブックス楽天電子






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //