ダイエットや冷え対策に!いつもの料理にちょい足し「酢玉ねぎ」の作り方

#食 

ダイエットや冷え、疲労回復などにいいと話題の「酢玉ねぎ」。1日60gを目安にこまめにとることが、効果を引き出すコツだそう。アミノ酸の豊富な黒酢で作るのがおすすめです。

『体にいい安うま食材 vol.1 玉ねぎ』(レタスクラブMOOK)から、酢玉ねぎと酢玉ねぎのアレンジレシピをご紹介します。

脂肪を燃焼させて、代謝機能を高める!

玉ねぎに多く含まれるアリシンには血液サラサラ効果や、新陳代謝を活発にする効果があり、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収もよくします。さらにフラボノールの一つ、ケンフェロールは、体内のエネルギー生産に関わるミトコンドリアを活性化させ、余分な脂肪を燃焼させたり、内臓の働きをよくして免疫力を上げたりします。

酢に含まれる酢酸は、脂肪と炭水化物を燃焼させて効率よくエネルギーを生み出し、余分なものをためない体をサポート。

基本の酢玉ねぎ

 【画像を見る】アレンジ無限「酢玉ねぎ」

全量で318kcal
アミノ酸の豊富な黒酢で作るのがおすすめ。1日60gを目安に、いつもの料理にちょい足ししてみて。

[ 材料・作りやすい分量・約6 0 0 g ]
玉ねぎ……2個
はちみつ……大さじ1
黒酢……1カップ

[ 作り方 ]
玉ねぎは縦半分に切り縦薄切りに。保存瓶に入れ、はちみつ、黒酢を加えて、冷蔵室で一晩以上おく。約10日間保存可能。

次ページ:アレンジ無限!「酢玉ねぎ」(2/2)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
基本の酢玉ねぎ
酢玉ねぎ入りスパイシーコールスロー
豚と酢玉ねぎのじっくり煮込み

▼『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』記事一覧はこちら▼



『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』
「1日に1個食べると体にいい」と言われている玉ねぎですが、使わないうちに芽が出てしまったり、料理の脇役になってしまい少ししか摂れない…なんてことはありませんか?この本では、栄養効率をよりアップさせたり、ささっと作れてしっかり使い切れるアイデアレシピをご紹介。モリモリ食べて、玉ねぎの健康パワーを実感しましょう!


▼amazon▼

▼amazon Kindle版▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子版▼

おすすめ読みもの(PR)