玉ねぎをたっぷり加えて!さっぱりヘルシーとり肉レシピ

#食 

玉ねぎに多く含まれるアリシンには、血流をアップする効果があるので、クーラーや冷たい飲み物で冷えた体を温めてくれます。にんにくやしょうがと組み合わせることで、さらに効果的アップ。たっぷり玉ねぎで冷え性対策しましょう!

『体にいい安うま食材 vol.1 玉ねぎ』(レタスクラブMOOK)から、「玉ねぎ×とり肉」のおかずレシピをご紹介します。

多めの玉ねぎと、カラダ温め調味料のマスタードで冷え性対策

とりむね肉と玉ねぎのマスタード煮

とりむね肉と玉ねぎのマスタード煮

1人分185kcal/塩分1.4g

[ 材料・2人分 ]
玉ねぎ……小1個
とりむね肉(皮なし)……大1枚(約250g)
さやいんげん……10本
にんにく……1片
合わせ調味料
・白ワイン……1/2カップ
・粒マスタード……大さじ1
・塩……小さじ1/3
・こしょう……少々

[ 作り方 ]
1.玉ねぎは八つ割りにし、とり肉は4等分に切る。いんげんは2~3等分に切る。にんにくは横薄切りにする。

2.厚手の鍋に1を入れ、合わせ調味料を加えて、ふたをし、弱火で15~20分蒸し煮にする。

 

血流をUPさせるアリシンを含む玉ねぎとにんにくに加え、カラダ温め調味料のマスタードで味つけ。

次ページ:玉ねぎとしょうがダブルでポカポカ(2/2)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
とりむね肉と玉ねぎのマスタード煮
とりと玉ねぎのジンジャー豆乳シチュー
チキンソテー 玉ねぎレモンソース

▼『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』記事一覧はこちら▼



『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』
「1日に1個食べると体にいい」と言われている玉ねぎですが、使わないうちに芽が出てしまったり、料理の脇役になってしまい少ししか摂れない…なんてことはありませんか?この本では、栄養効率をよりアップさせたり、ささっと作れてしっかり使い切れるアイデアレシピをご紹介。モリモリ食べて、玉ねぎの健康パワーを実感しましょう!


▼amazon▼

▼amazon Kindle版▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子版▼

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //