本格イタリアンをご家庭で♪ ワインに合わせたいバーニャカウダ5選

#食 
「基本のバーニャカウダ」

バーニャカウダとは、オリーブ油やアンチョビーを使ったソースに野菜などをつけていただく料理。日本でも本格的なイタリアンのお店では見かける機会が多いですよね。今回はそんなバーニャカウダを自宅で再現できるレシピを5つご紹介。ワインにぴったりな味わいなので、おつまみとして作ってみてはいかがでしょう?

基本のバーニャカウダ

【材料・作りやすい分量・約140g分】
アンチョビー 1缶(約50g)、牛乳 1/2カップ、にんにく 5~6片、オリーブ油、塩、こしょう
【作り方】
1. にんにくは縦半分に切って芯(しん)を取り除き、牛乳、水大さじ3とともに小鍋に入れて火にかける。煮立ったら弱火にして15~20分、時々混ぜながらにんにくに竹串がスーッと通るまで煮る。
2. にんにくを取り出して耐熱ボウルに移し、フォークやめん棒などでなめらかになるまでしっかりつぶす。
3. アンチョビーは缶汁ごとフライパンに入れ、オリーブ油大さじ4を加えて弱火にかける。木べらでアンチョビーをつぶしながら、2~3分煮る。アンチョビーがくずれたら2を加える。
4. 木べらなどでよくかき混ぜ、塩、こしょうで味をととのえ、火を止める。ハンドミキサーなどでかくはんすると、よりなめらかになる。
5. バーニャカウダの保存方法。保存容器に入れて冷蔵庫で約10日間保存可能。食べるときは耐熱容器に移して電子レンジで加熱するか、小鍋に入れて温めてもOK。
(692Kcal、塩分8.5g)
ベーシックなバーニャカウダソースのレシピ。アンチョビーは缶汁ごと使って、しっかりつぶしたにんにくと一緒に煮ていきましょう。最後にハンドミキサーでかくはんすると、より野菜となじみやすい仕上がりになります。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
基本のバーニャカウダ
バーニャカウダ
カラーピーマンのバーニャカウダがけ
たらとブロッコリーのバーニャカウダ焼き
豆腐のバーニャカウダ

ほかにもいっぱい!「アンチョビー」のレシピ

■おうちキャンプ特集はこちらをチェック!

おうちキャンプで家にいながらアウトドア気分を味わおう!



■夏バテ解消レシピ特集はこちらをチェック!

おいしく食べて、真夏の暑さを乗り切ろう!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //