冷めても固くならないからお弁当に〇!「しっとり卵焼き」の作り方

#食 
しっとり卵焼


ふわふわやさしい口当たりの焼きの作り方をご紹介!ポイントは、だしの代わりにマヨネーズと水を入れることなんです。中火で3回に分けて手早く巻いて!これで、脱・カチコチ卵焼き!さめてもやわらかいからお弁当にもぴったりですよ!

しっとり卵焼き


「しっとり」のコツは2つ!

1.マヨ+水でだし代わり!
2.中火で3回に分けて手早く巻く!

【材料】(2人分)*1人分 125kcal 塩分 0.6g
・卵……2個
マヨネーズ 塩 サラダ油

しっとり卵焼きの作り方1

【作り方1】
ボウルに水大さじ2、マヨネーズ小さじ2、塩少々を入れて混ぜる。

【作り方2】
卵を割り入れ、菜箸を立ててボウルの底につけ、ジグザグに混ぜる(泡立てないようにする)。

【作り方3】
卵焼き器を中火で熱する。ペーパータオルに油をしみこませ、隅々までなじませる。

【作り方4】
卵液の1/3量を流し入れ、全体に広げる。ふくらんできたところを菜箸で潰しながら焼く。

【作り方5】
表面が少し乾いてきたら、手前に向かって巻く。

しっとり卵焼きの作り方2

【作り方6】
卵焼きを向こう側にずらし、ペーパータオルで油を全体になじませる。残りの卵液の半量を流し入れる。

【作り方7】
奥の卵焼きを持ち上げて下にも流し入れ、ふくらんだところを菜箸で潰す。

【作り方8】
手前に巻いて卵焼きを向こう側にずらす。油を全体になじませ、残りの卵液を流し入れ、同様に焼く。

【作り方9】
角を少し焼きつけ、上下を数回返して形を整える。粗熱がとれたら4等分に切る。

GOAL!
さめてもやわらかいからお弁当にも◎

しっとり卵焼


調理/藤井 恵 撮影/木村 拓 スタイリング/阿部ゆこ 栄養計算/スタジオ食

<レタスクラブ18年3月号より>

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
しっとり卵焼き



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 3月号』情報はこちらから▼

やる気ゼロの日の晩ごはん/旬!新玉ねぎのささっとおかず/こぼしちゃった!大事件はこれにて解決!/腸マッサージで超すっきり!/うまくいかないのは全部、口グセのせいだった!/【とじこみ付録】ほぼ10分でできるぐっち夫婦の1品弁当BOOK/【とじこみ付録】初心者でも失敗しない『こねないパンBOOK』


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //